いよいよ夏の到来! 薄着になるのはもちろん、海やプールなど、外出先で着替える機会も多くなるはずです。そこで見直したいのがアンダーウエアです。とくにパンツは、見えないお洒落というよりも、もはや見えても良いお洒落。さらに直接肌に触れるアイテムですので、はき心地や機能性も妥協したくないものです。ブランド、デザイン、素材など、すべての要素を吟味して、納得のワードローブを揃えるべきなのです。

そこで今回は、おすすめのアンダーウエアをカウントダウン形式で紹介します。選考基準は「大人の男が本気ではける」タイプ。雑誌などの特集では、フォトジェニックなカラーやパターンを選びがちですが、今回は本当にはけるタイプに絞り込みました。では早速5位からです。

第5位:メイド・イン・ジャパンの実力派


Underwear Best5
4935円/ゲッコーBEYES表参道ヒルズ店 TEL:03-5785-0700)

2002年にスタートして以来、こだわり抜いた個性的アイテムをリリースし続けてきたドメスティックブランド、GEKKO(月光)。デニムが有名ですが、実はアンダーウエアもリリースしています。

素材にこだわるブランドらしく、ニットのようなソフト触感と風合いを特徴とする新種の超長綿「LUXIC(ラグジック)」を採用。そこにポリエステルを加えることで、アンダーウエア向きのフィット感も実現しています。

今回選んだのは夏にぴったりのショートブリーフ。フロントのカッティングを工夫し、股下のもたつきを払拭しているので、タイトな着こなしにも難なく使うことができます。

第4位:革命家の情熱が感じられるデザイン


Underwear Best5
7350円/ロムアンヴィジブル(Luscous Tokyo TEL:03-5577-4042)

L'homme invisible(ロムアンヴィジブル)はフランスのブランド。快適なはき心地を追求し、細部に至るまでこだわってアイテムを開発しているのが特徴です。繊細なファブリックを使い、現代生活に適応するよう、男性の体の自然なフォームに沿うパターンワークが取り入れられています。

そして今回は、縫い目が一切無いシームレスタイプのローライズボクサーパンツをチョイス。伸縮性に優れ、フィット感抜群に仕上がっています。

もちろん、フランスのブランドならではのデザイン性も魅力。そんな中でももっとも男らしいタイプを選んでみました。プリントされているのはお馴染みの「ゲバラ」です。チェ・ゲバラこと、エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナは、アルゼンチン生まれの医師。後にマルクス主義の革命家となったキューバのゲリラ指導者です。

想像してみてください。革命家の魂を身に付けた自分を。行動が情熱的になって、仕事ぶりにも変革が起きるかもしれません。すでに品薄なので、急いで確保してください。

次のページでは、第3位と第2位を紹介します。


第3位:イタリアのカミチェリアが放つ逸品


Underwear Best5
1万6800円/ルイジ ボレッリ(ルイジ ボレッリ六本木ヒルズ店 TEL:03-3401-0184)

LUIGI BORRELLI(ルイジ ボレッリ)はご存知ですか? 1957年にカミチェリア(シャツメーカー)として創業し、ナポリ王室に愛用されるまで成長したブランドです。今ではクラシコイタリアを牽引する存在であり、その業績はイタリア国家から表彰されるほどです。

大きな特徴のひとつは、ハンドメイドにこだわる縫製です。体の丸み沿って立体的に縫えるのは人の手のみ。そんな信念のもと、丁寧に仕立てられています。

今ではトータルブランドにまで発展し、アンダーウエアもラインナップ。当然、かんぬきやボタンまわりといった重要な工程はハンドメイドです。とくに圧巻なのは立体的に仕上げられた股下。上質なコットンのシャツ生地とともに極上の着用感をもたらすので、一度はいたら虜になってしまうかもしれません。

第2位:大人に相応しいジオメトリック柄


 Underwear Best5
6300円/ブラウン バニー(バニー プレミア TEL:03-5411-7566)

 Underwear Best5
ブランド哲学を象徴するハート型の刺しゅうが、ウエストバンドにひっそりあしらわれています。
ちょっとした遊び心やアクティブ感を演出したいのであれば、カラフルでクラシカルなジオメトリック柄はいかがでしょうか。

セレクトしたのはBrown Bunny(ブラウン バニー)。“the Love of Life”をコンセプトに掲げるドメスティックブランドです。自分自身を愛し、周りの人たち、生活、環境、すべてを心地良いものにするような、ユニセックスのホームウェアを提案しています。

今回のボクサーパンツは、肌に吸い付くようなフィット感をもたらす伸縮素材を使用。Brown Bunny(ブラウンバニー)オリジナルの生地なので、ほかのブランドでは味わえない感触です。無駄な締め付けがなく、長時間はいてもストレスを感じません。さらに、吸水速乾性にも優れているので、蒸れ知らずの快適なはき心地です。

次のページでは、いよいよ第1位の発表です。


番外編:トランクス派におすすめの1枚


Underwear Best5
6930円/ガルドLuscous Tokyo TEL:03-5577-4042)

1位の前にここで番外編。今回のランキングでは、3位のボクサートランクス以外、ボクサーブリーフばかりを選んでいますです。それは、タイトなパンツをはく時でも使いやすいという理由からです。でも、フィット感を窮屈だと感じ、トランクスにこだわる人もいることと思います。そこで、そんなトランクス派の方におすすめのアイテムを紹介したいと思います。

今回紹介するトランクスを手掛けたのはGURUD(ガルド)です。「あなたの目、肌、そしてリアルなスチュエーションで感じて欲しいものがある」。そんなコンセプトのもとで、独創的なアンダーウェアを生み出しています。

写真の1枚も個性的。ワイドなウエストバンドが目を引きます。腰ばき気味にはくことで、独特のはき心地が得られます。そしてヒップには「Baron(バロン)」というの文字が大きく刺しゅうされています。ちなみに「Baron」は「男爵」という意味。お気に入りのアンダーウェアを身にまとえば、高貴な気分に浸れるのです!?

第1位:王道ブランドのニューカラー


Underwear Best5
3780円/カルバン・クライン アンダーウエア(オンワード樫山 お客様相談室 TEL:03-5476-5811)

ブルース・ウェーバーによる広告写真が世界を席巻して以来、スタイリッシュなアンダーウェアの代名詞と言えば、Calvin Klein underwear(カルバン・クライン アンダーウェア)です。大人として外せないブランドとして、1位にさせていただきました。

定番的なコレクションも持っていたいところですが、今回選んだのは「Steel(スティール)」のローライズトランク。2007年秋に、Calvin Klein underwear(カルバン・クライン アンダーウェア)の誕生25周年を記念して発売されたラインです。

世界的に品薄になるほどのセールスを記録した人気のシリーズに、今シーズンは6色が追加されました。その中でもハーバー(ブルー)は、鮮やかなトーンが爽快な印象を振りまいてくれます。

「Steel(スティール)」のために開発されたマイクロファイバーナイロンを使用したファブリックは、抜群のフィット感と着心地の良さが特徴。幅広のウエストバンドのブランドロゴは、力強さを演出してくれます。

アンダーウェアBEST5、いかがだったでしょうか。今回取り上げた5+1枚が絶対的という訳ではありません。下着を選ぶ際の参考にでもなれば幸いです。

【関連記事】
今年おすすめのサングラスBEST5
今季おすすめのキャップ&ハットBEST5
今季おすすめのデッキシューズBEST5
今季おすすめのダウンジャケットBEST5
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。