アイテムの力を信じるランド オブ トゥモロー


ファストファッションに代表されるように、大量生産でもお洒落で品質の高いアイテムは増えています。マーケットのニーズを反映した服作りは、多くの人の共感を得るでしょう。でもそうしたファッションが主流になればなるほど、人とは違うもの、ほかにはないものを求めてしまうのもまた事実です。

そこで今回ピッックアップしたのが、青山にオープンした新しいセレクトショップLAND OF TOMORROW(ランド オブ トゥモロー)です。名前を聞いてわかるように、昨年30周年を迎えたトゥモローランドが発信する新しい試み。1F・2F・B1Fの3フロア、計120坪からなるのびやかなスペースに、ハンドメイドの温もりと個性が生きている新しくも懐かしいショップとなっています。

 LAND OF TOMORROW
1Fエントランス近くの円形ディスプレイには、その時々のおすすめアイテムが、ボーダーレスに並べられます。(※6月7日まではビンテージサングラスフェアを実施。詳細は4ページ目に。)
 LAND OF TOMORROW
リサ・ヴァンノーがデザインした手すり。手の込んだ立体的フォルムは、「アクアとジャングル」がテーマになっています。

ブランドやテイストなど、きちんと整理されたセレクトショップが多い中、自由な雰囲気が漂っているのがLAND OF TOMORROW(ランド オブ トゥモロー)の大きな特徴です。有名無名関係なく、カジュアルだけどエレガントな洋服や雑貨をチョイス。オーナーが独自の感性で好きなものを集めていた、セレクトショップ黎明期の姿が感じられます。

オブジェやアートも数多く展示されています。例えば階段の手すりは、フランスの若手スカラプチャーアーティスト、リサ・ヴァンノーが手掛けた作品。ファッションとアートの融合が楽しめる空間にもなっているのです。
 LAND OF TOMORROW
オリジナルブランドのポロシャツには、手刺しゅうでキリンがあしらわれています。独創的なカラーリングも特徴的です。

LAND OF TOMORROW(ランド オブ トゥモロー)オリジナルのアイテムには、キリンをモチーフにしたものも。デザインとしても斬新でカワイイのですが、そこには「少し背伸びして、普段と違う目線でファッションを眺めてみよう」といった趣旨のメッセージも込められているようです。

次のページでは、B1のメンズフロアを紹介します。

独創的なアイテムで満ちたメンズフロア


 LAND OF TOMORROW
地下1階メンズフロアの全景。カラフルなアイテムや独創的なオブジェが、個性的な空間を創り出しています。
 LAND OF TOMORROW
今の時期は、クリエイティブなTシャツが数多くディスプレイされています。

メンズフロアは地下1階です。階段を下りた途端、アートな雰囲気に圧倒されます。カラーもテイストもバリエーション豊かに、さまざまなアイテムが個性を主張してます。ポップなTシャツやカジュアル系ジャケット、アクセサリーやバッグ、シューズやスニーカーなどが百花繚乱です。

また、ジャケットやスーツ、シャツといったドレス系アイテムも豊富に揃っています。モダンなシルエットやほのかに個性をアピールするディテールが、センスアップを約束してくれるはずです。
 LAND OF TOMORROW
エレガントなドレス系アイテムの上には、ワイヤーによるオブジェも。マリー・クリストフの作品です。

もちろん地下にも、アートなオブジェが潜んでいます。例えば、ビッグメゾンとのコラボレーションでも知られるフランス人アーティスト、マリー・クリストフによるワイヤーアートは、一見の価値があります。

次のページでは、象徴的なアイテムなどをピックアップします。


彩りあるアイテムやブランドが豊富!


 LAND OF TOMORROW
トレンドにも挙げられる巻き物がおすすめ。上質なアイテムは肌触りも極上です。

いろいろなアイテムがディスプレイされていますが、まずはスカーフをおすすめしたいと思います。どんなコーディネイトにも意外と馴染み、すぐさまスタイリッシュなスパイスとして効いてくれるに違いありません。夏色の着こなしととくに相性の良い、トリコロールカラーから揃えみてはいかがでしょうか。

さらにLAND OF TOMORROW(ランド オブ トゥモロー)らしいアイテムをピックアップするなら、ポップなシャツでしょうか。気鋭ブランドによる斬新かつアクティブなアートワークは、夏らしさ満点です。半袖をセレクトすれば、カットソーなどとのレイヤードも楽しめます。
 LAND OF TOMORROW
いちばん手前は、希少なテキスタイルで仕立てたM's Braque(エムブラック)のシャツ。フランス在住の日本人デザイナーによるヴィンテージテイストも魅力です。

LAND OF TOMORROW(ランド オブ トゥモロー)には、国内で初めて展開するブランドも少なくありません。フランスのブランド、トムセンの気品あるシャツなどもおすすめですが、今回はとくにLimoLand(リモランド)を紹介したいと思います。独特なカラーパレットはもちろん、スワロフスキーや独自のキャラクターを用いたポップなのにグジュアリーなディテールも特徴的です。
 LAND OF TOMORROW
フランス発のブランド、リモランド。ポップかつクリエイティブなデザインが、個性的着こなし作りにひと役買ってくれるはずです。

そうしたデザインが、LAND OF TOMORROW(ランド オブ トゥモロー)のコンセプトとも共通する、自由で楽しい空気を湛えているのです。

次のページでは、期間限定フェアなどの情報をまとめて紹介します。


ビンテージのサングラスで夏を謳歌しよう!


 LAND OF TOMORROW
陽射しの射しこむ2階はレディスフロア。ゆとりある空間なので、カップルも和めるはずです。
 LAND OF TOMORROW
この時期は、ポップでクリエイティブなTシャツが数多くディスプレイされています。そのほか、カジュアル系ジャケットやシューズ、アクセサリーやバッグなども百花繚乱。

2Fはレディスフロアになっています。とても明るく開放的なスペースなので、カップルで訪れてもゆったりと楽しむことができます。

また、レディスに加えてユニセックスなビンテージサングラスが揃っているので、こまめにチェックすればお気に入りが見つかるかもしれません。

6月7日までは、そのビンテージサングラスにスポットを当てたしてフェアが開催されています。Christian Dior(クリスチャン ディオール)やYves Saint-Laurent(イヴ サンローラン)などのトップブランドや、Ray-Ban(レイバン)やPersol(ペルソール)といった名門まで、本当に欲しいブランドのビンテージサングラスがメンズだけで50~60本揃うというから驚きです。1点もののアイテムなので、個性的な一本を探している人にはうってつけです。

ビンテージのサングラスに限らず、本来ならサンプルのみで終わってしまうような個性的アイテムも小ロットで店頭に並んでいたりします。そんなアイテムとの一期一会がLAND OF TOMORROW(ランド オブ トゥモロー)には待っているのです。

【ショップデータ】
ショップ名:LAND OF TOMORROW(ランド オブ トゥモロー 青山店)
住所:東京都港区南青山5-3-20-B
TEL:03-5766-7462
営業時間:11:00~20:00
休日:無休

【主な取り扱いブランド】※ABC順
ANDRE × SANDY CLAUSE(アンドレ×サンディー クローズ)/フランス
BLACK BLOCK(ブラック ブロック)/フランス
COCCINELLE(コチネリ)/イタリア
DEDEM(デデム)/インドネシア
FRED PERRY“BLANK CAMBAS”(フレッドペリー ブランクキャンバス)/イギリス
LIMOLAND(リモランド)/フランス
LINDA FARROW(リンダ ファーロー)/イギリス
M'S BLAQUE(エムズ ブラック)/日本
SIX SCENTS(シックス センツ)/アメリカ
SUPER(スーパー)/イタリア
TEPPER JACKSON(テッパー ジャクソン)/アメリカ
THOMSEN(トムセン)/フランス
WENDEE OU(ウェンディー オー)/イギリス

【主な展示作品の作者】※ABC順
Andrea Facco(アンドレア・ファッコ)/イタリア
Andre Pierre(アンドレ・ピエール)/フランス
Lisa Vanho(リサ・ヴァンノー)/フランス
Marrie Christophe(マリー・クリストフ)/フランス
Tanaka Kentaro(田中健太郎)/日本
Winnie Lui(ウィニー・リュー)/香港

【関連サイト】
LAND OF TOMORROW

【最近の記事】
MARKAWAREのリアルなガーメント
ハイブランドのデザインを格安で手に入れる
旬なジーンズはリーバイスE-SHOPで
今年おすすめのサングラスBEST5
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。