世界から「今」を集めた新ショップ

ノース,イースト,サウス,ウエスト
独立したふたつのフロアに、ところ狭しとアイテムが並んでいます。 Photo:佐山順丸
この春、新しいコンセプトのセレクトショップがまたひとつ、南青山に生まれました。North,East,South,West(ノース,イースト,サウス,ウエスト)です。

コンセプトは、特徴的なショップ名そのもの。世界各国から、既成概念にとらわれることなく感じたままにチョイスしたアイテムがメインとなっています。また、リアルな「今」を感じたままに落とし込んだオリジナルアイテムや、ショップのテーマやコンセプトを具現化している人などとのコラボアイテムも展開されています。

ふたつに分かれたフロアが斬新

ノース,イースト,サウス,ウエスト
通りから見ると、スペースは左右に分断されています。 Photo:佐山順丸
ショップの造りも新機軸です。なんと、フロアが完全にふたつに分かれているのです。今後は、そんな構造を活用したディスプレイも増えていきそうです。それぞれのフロアの役割はきっちり分担されている訳ではなく、その時々のテーマに沿ってフレキシブルに変化します。そこにもショップのコンセプトが踏襲されているのです。


次のページでは、フロア毎にライナップの詳細を紹介します。

左のスペースはウエア類が中心

ノース,イースト,サウス,ウエスト
独立したふたつのフロアに、ところ狭しとアイテムが並んでいます。 Photo:佐山順丸


こちらはObedient Sonsのアイテム。今季注目のプレッピーな香りが漂っています。(スウェット1万3650円など)Photo:佐山順丸
これはあくまでオープン当初の段階ですが、向かって左のフロアはウエア類が中心となっています。テーマが常に変化していくインポート類は今回、ニューヨークの注目ブランドがずらり。ROBERT GELLERrag & boneObedient SonsNom de Guerreなどがラインナップされています。

単なるオリジナルとは一線を画する仕上がりのWARDE。ベーシックな型の中に、ディテールやギミックで今の空気感を取り入れています。(シャツ1万3650円など)Photo:佐山順丸
オリジナルのアイテムに関しては、ジャケットとパンツのセットアップがメイン。今シーズンのトレンドでもあるアイテムを軸に、それに付随するシャツやカットソーといったインナーなどを、型数を絞り込みながら展開しています。


次のページでは、華やかな魅力に触れます。

花が彩りを添える新鮮なディスプレイ

ノース,イースト,サウス,ウエスト
左上/至るところに花が飾られ、ショップを明るい雰囲気に演出しています。 左下/カラフルなシャツをさらに春らしく見せてくれる花の効果は、実際にショップを訪れて感じてみてください。 右/いちばん奥のシェルフにも、アイテムと同じように花がディスプレイされています。 Photo:佐山順丸
どちらのフロアも、インテリアは基本的にシンプルです。しかし、その無機質なニュアンスを掻き消すかのように、色鮮やかなフラワーアレンジメントがそこかしこに置かれています。

メンズのみを展開しているセレクトショップとは思えない華やかな雰囲気は、好きな服を着た時の感覚にも似た高揚感を与えてくれるはずです。今後、どんな花が並ぶのか、どんなデコレーションに変化するのか、楽しみです。


次のページでは、右のフロアの詳細を紹介します。

右側のフロアはアクセサリーや限定品など

ノース,イースト,サウス,ウエスト
右手前はアクセサリー、右奥は限定品やコラボもの、左にはバッグなどが置かれています。 Photo:佐山順丸


レアなアイテムが登場することも。足しげく通って、気に入ったら即購入するのが後悔しないコツです。 Photo:佐山順丸
レジのある右のスペースは、細かい説明を聞きたくなるようなアイテムがメイン。例えば、バッグやアクセサリーなどの小物類です。写真左側に見えるのは、イタリアの人気ブランドBUTTEROのレザーバッグ。そして、右手前のショーケースには、ROBERT GELLERGO JAZZなどのアクセサリーに加え、個性的なグラスなども置かれています。

フィッティングルームもあるなど、贅沢な空間の中でゆったりアイテムを吟味することができるのも、こちらのフロアの特徴となっています。


次のページでは、限定品やコラボレーションアイテムを紹介します。

オープン記念など、スペシャルなアイテムにも注目!

スタイリスト二村毅氏が提案したオープン記念Tシャツは、美しいグラデーションが唯一無二。7140円 Photo:佐山順丸
写真の右奥、レジの横には、スペシャルアイテムが揃っています。その中でも人気を呼んでいるのが、オープン記念のTシャツです。スタイリングはもちろん、音楽やアートなどに関しても造詣が深いスタイリストの二村毅氏、漫画『バガボンド』などの題字を手掛けている書家の吉川壽一氏、デザイン事務所Capを経て独立したアートディレクターの峯崎ノリテル氏という3名とのコラボレーションによって、個性的なアイテムに仕上がっているのです。

書家の吉川壽一氏による斬新なアートワークのオープン記念Tシャツ。7140円 Photo:佐山順丸
例えば二村毅氏が手掛けたTシャツは、職人が試行錯誤を数十回も繰り返し、開店ギリギリで仕上げたという珠玉の逸品。写真家、メイプルソープの遺品集で目にした北欧の花器をモチーフにしたという絶妙な色合いを表現するのが、至難の業だったのです。さらなる詳細や、他のアイテムのうんちくは、ショップで直接スタッフに聞いてみてください(笑)。そうしたコミュニケーションも、センスアップする方法のひとつなのですから。

アートディレクターの峯崎ノリテル氏らしい、センシティブなプリントが魅力的なオープン記念Tシャツ。7140円 Photo:佐山順丸
コラボレーションは継続的に行っていく予定。セレクトショップ「7」のディレクションなどを手掛けているトータルプランナーの田村貴之氏、元アメリカンラグ シーのプレスチーフであるプロモーションプランナーの中根吉浩氏、雑誌・広告・アーティストなどのスタイリングを手掛ける傍ら自身のブランドMacknightも立ち上げたスタイリストの橋本 敦氏などがディレクションを手掛けていく。

第1弾としては、オックスフォード地のBDシャツやチノパン、スウェットをテーマに、3人の異なる個性が競演しています。

実は、ショップのキャッチコピーは、"NO DRESS, NO CASUAL"。10~20代でさまざまな物事を経験し、探求心と上昇志向が旺盛で、知的で遊び心の溢れる男性がメインターゲットとなっています。ドレスとカジュアルを自由に行き来したいという人は、ふたつのフロアを実際に見比べてみてください。

【ショップデータ】
North,East,South,West
ノース,イースト,サウス,ウエスト
・東京都港区南青山5-3-25 1F
・電話:03-6418-0560
・営業時間:11:00~20:00
・休日:不定休

【関連サイト】
ベイクルーズ

【最近の記事】
素肌を見せるボトムスが今春らしさの鍵!
旬なマドラスチェックのシャツをチェック!
愛のある.efiLevolとの出逢い
今季おすすめのデッキシューズBEST5
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。