「イオス」をひっさげ2000年にデビュー

時計を発表するのは、なにもスイスの伝統を受け継ぐ著名ブランドや、ジュエラーやファッション系のブランドばかりではない。個人が創立した現代のブランドも数多くある。そうした才人たちが作る個性的な時計に巡り会うのも、毎年春にスイスで開催される時計フェアを訪れる楽しみの一つである。

マーティン・ブラウン
マーティン・ブラウンは、今年から新作発表の場をジュネーブ郊外のウォッチランドに完全移行する。「昔からの時計師仲間の多い古巣のバーゼルを離れるのは、ちょっと寂しいね」と語る

さて、今回紹介する時計師のマーティン・ブラウンは、ドイツのカールスル-エ出身。1964年に彫金師の息子として生まれ、ドイツ宝飾産業の中心地フォルツハイムの時計学校を主席で卒業し、1991年にマスターウォッチメーカーの資格を取得。アンティーク時計の修復とともに自身の時計の開発に取り組んで研鑽を積んだ。そして2000年、日の出・日の入り表示付きの時計「イオス」を発表して、自身のブランドのデビューを飾った。

マーティン・ブラウン「イオス」
「イオス」。研究開発に5年、2000年に製品化された「イオス」はデビュー作にして代表作。4時と8時の位置から伸びる2本の長い針がそれぞれ日の出と日の入りの時刻を示す。自動巻き、18Kローズゴールド。225万7500円

当時のマーティン・ブラウンは、バーゼルの展示ホールの奥まった場所にごく小さなブースを構え、手持ちぶさたの様子で来客を待っている(失礼!)という印象だったのを今でも覚えている。いかにも独立時計師らしく、個人的な作風が濃厚なその製品は、取材者としては、未知数の部類に入った。

ところが毎年ブースを訪れて、「イオス」に平均太陽時と真太陽時の差を示す《均時差表示》を加えた進化バージョンの「ボレアス」や、太陽を巡る地球の公転の軌道を文字盤上に表示する「ザ ヘリオセントリック」などの紹介を受けるたびに、マーティン・ブラウンがいかに天体現象に深く傾倒しているかがわかり、俄然興味が湧いてきたのだった。幼い頃から宇宙に関心を抱いていたという彼は、時計という機械を通じてそれを表現すべく複雑機構を考案してきたという。メカニズムの開発という技術的な才能に秀でているばかりでなく、想像力豊かなロマンティストでもあったのだ。
マーティン・ブラウン「ヘリオセントリック」
「ヘリオセントリック」。地球の公転を視覚化したこのモデルは、文字盤の中心に太陽、楕円軌道上に地球を配し、その1年の周期を表示する。また文字盤右下に12星座の推移も表示。自動巻き、ステンレススティール。210万円


次ページでは話題の最新作「セレヌ」を紹介

限りなくリアルな天体表示に挑む

1月に来日したマーティン・ブラウンは、2007年発表の話題作「セレヌ」を携え、その仕組みについて自身がプレゼンテーションを行った。この時計は、腕時計としては最大級の大きなムーンフェイズ表示に特徴がある。しかも、その月面の描写や満ち欠けの推移が、いわば超リアルなのである。

マーティッン・ブラウン「セレヌ」
「セレヌ」。画期的な大型ムーンフェイズ表示を備えるこのモデルで、天文時計がまた一歩前進。文字盤にメテオライト(隕石)を用い、いっそう宇宙のイメージを強調。自動巻き、18Kローズゴールド。241万5000円

従来のムーンフェイズは、月を描いたディスクが回転しながら満ち欠けを表示する昔ながらの機構に基づいているが(2007年11月8日掲載記事『太陰暦を表示するムーンフェイズ』参照)、マーティン・ブラウンの方式は、まさに逆転の発想。月そのものは動かず、それを覆い、影を作り出す黒いディスクのほうが移動するのである。しかもディスクはわずかに透けていて、その下に月が見える。さらに、彼のムーンフェイズ表示は、時刻とつねに連動して刻々と変化する。月が大きいだけに、その微細な変化さえ肉眼でわかる。表示誤差は、122.5年で1日という精度も驚きだ。

彼自身はこのモデルについて、「これまでのムーンフェイズは、どれも簡略化した擬似システム。私たちが実際に目にする月の姿とはかけ離れている。そうした長年の間違いを正すために、限りなくリアルなムーンフェイズを開発した」と説明。これもまた、天体に対する尽きせぬ想いがあるからこそ実現したモデルなのである。

マーティン・ブラウンは、昨年よりフランク・ミュラーを中心とするウォッチランド・グループに移籍。ムーブメントの独自開発とともに、さらなる精妙な時計づくりに意欲を燃やしている。次なる新作では、どんな天体時計に挑むのだろうか。

【問い合わせ先】
アーム・オルロジュリ(ワールド通商) TEL03-6226-3210

【関連ガイド記事】
太陰暦を表示するムーンフェイズ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。