文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)
成人男性の約30%、1300万人近くの人が自分の薄毛、抜け毛を認識していると言われています。
最近は医療技術も進歩して、男性型脱毛症(AGA)に対処する方法は様々です。
病院での薬用治療はもちろんですが、発毛・育毛サロンも実はどんどん進化しているのです。

今回は、発毛・育毛専門サロン「バイオテック」代表取締役社長清水賢さんにお話をうかがいました

薄毛に悩む方を救いたいという一心で23年やってきた

image
 
清水:私たちバイオテックは、創業以来、多くの方の発毛・育毛のお手伝いを通じて、薄毛・脱毛の悩みは本当に深刻で、いろんな形があることを痛感してきました。
子供の授業参観日に「お父さん、来ないで」と言われた方。自信をもって商談に臨みたいから何とかしてほしいとおっしゃった方…。実に切実な思いをもちバイオテックのサロンにいらっしゃいます。佐藤先生の病院ではいかがですか。

佐藤:お父さんが薄毛だから、遺伝で自分も必ず薄毛になると思い込んで受診されたり、髪の毛を取り戻して仕事でも自信をもちたいという方など。
ほとんどバイオテックさんの場合と同じですね。いずれも、ご本人にしか分からない辛さを抱えていらっしゃいます。

清水:創業者は髪の毛で悩んでいる若者たちをとにかく救いたいという一心で、23年前に事業を始めました。髪の毛の悩みで自分に対しての自信を失ってほしくない、そんな純粋な思いだけから生まれたのがバイオテックです。
このような私たちを含め、髪の毛の悩みに対してはいろいろな方法や対策が生まれてきましたね。

佐藤:そうですね。まず40年ぐらい前からカツラが本格化し、その後育毛剤や養毛剤が脱毛に悩む男性の必須アイテムになりました。
今では医薬部外品、医薬品、植毛技術、発毛・育毛サロンなどいろいろな選択肢があります。御社のなかで創立以来大きく進歩したものといえばなにがあるでしょうか?

清水:進歩したのは発毛促進剤ですね。従来の育毛剤や発毛剤は、頭皮の毛穴から、浸透させて使用します。そのため、個人の頭皮の状態によっては、まず、頭皮の改善を行い、その上で浸透させないといけません。しかし、頭皮には、皮脂の塊があり、これはそう簡単に取り除くことができないのです。そこで試行錯誤し、毛穴もさることながら、皮膚からも有効成分を浸透させられないかと考え、新たな発毛促進剤を開発したのです。これは100ナノというレベルまで、超微粒子化していますから、皮膚から浸透し、体内に髪に有効な成分を吸収させることができます。毛穴だけでなく、皮膚から吸収しますから、従来よりも発毛効果が期待できます。

佐藤:なるほど。それは髪によさそうですね。

アメリカの育毛事情

佐藤:多くの男性が悩んでいるのが男性型脱毛症(AGA)です。思春期以降に起こる体質的な脱毛で、男性ホルモンの一種、ジヒドロテストステロン(DHT)が原因で起きることはよく知られています。

清水:男性型脱毛症に対しては、20年以上にわたって研究開発に取り組んできました。この間、技術システムで日本初の特許を取得し、さらに最新の研究成果を活かした商品ラインナップを導入するなど業界をリードしてきた自負があります。

佐藤:アメリカでは、従来、日本的な発毛・育毛サロンはありませんでしたが、近年チェーン店が進出しています。植毛という外科的な手術や、医薬品の使用も多いアメリカでサロンが増えているということは非常におもしろい傾向だと思います。医療だけでは解決できない面が重視されているのではないでしょうか。

清水:毛髪の悩みに対して医療も私たちも同じところからスタートし、悩みを解決したいという目標は同じだと思いますがプロセスは違う。私たちは人の力、ソフト面に注力してお客様を大切にしています。アメリカの例は勇気づけられますね。


常にお客様の立場を考えて……

image
 
佐藤:サロン作りで心がけていることはなんでしょうか?

清水:お客様の大切な個人情報を守り、安心して来ていただけるサロンづくりでしょうか。

佐藤:なるほど。企業としては大切な取り組みですね。
サロンづくりについてですが、お客様に接するカウンセラーはやさしさや心を込めたサービスに力を入れている一方、緊張感もありますね。

清水:私たちは、髪の毛で悩む方々の不安や悩みを解消することによって、より健康でゆたかな人生を歩んでいただきたいという大きな目標を掲げ、それを使命と考えています。
不安や悩みの解消をめざす上で、企業理念のなかに一番大切な「他利心」という言葉があります。発毛・育毛の面で良い結果を得ていただくためには、お客様に対してやさしさプラス強い気持ちで臨む。お客様の目標達成に向けてともに頑張るという意味です。それが真剣勝負とも言える緊張感につながっていると思います。

佐藤:カウンセラーの育成についてはどうされていますか?

清水:まずお客様のために一生懸命になれる人を採用します。そして企業理念に込めた思いをとことん理解していただくことで、自信や確信をもってもらいます。
その上で、学んだことを自然と実践できる心ゆたかな人づくりのために、充実した研修プログラムを用意しています。

優良なサロンとはどういうものか?

佐藤:自分でのケアを含め、薄毛対策にはさまざまなものが考えられますが、そのなかでサロンの役割とはどういったものになるのでしょうか?

清水:まず薄毛の原因は個人差があるので、対処もさまざま考えられます。当然、サロンは選択肢のなかのひとつですが、もっとも重要なことはひとりで行うヘアケアには限度があるということです。
たとえば「自分がどのような原因で薄毛になったのか?」ということも、プロの目からの見れば的確にアドバイスできますし、もみ出し洗いといったプロの技術も自宅ではなかなか難しいところでしょう。23年間、常に髪のことを考えてきたプロだからこそ、お客様に提供できる確かな技術がバイオテックにはあります。

佐藤:なるほど。発毛・育毛サロンを運営する企業も数が多くなってきましたが、優良なサロンとそうでないものはどういったところで見分ければいいのでしょうか? 読者にサロン選びのコツを教えていただきたいと思います。

清水:まず第一に、一緒に前向きに相談に乗ってくれるカウンセラーがいるということ。商品や設備の充実はもちろん大事なのですが、「これを買え!」「とにかくお金を払え!」というようなサロンはやはり信頼できませんよね? そういう儲け第一主義ではなく、お客さんと真摯に向き合ってくれる、「一緒に悩みを解決していきましょう!」というサロンを選ぶべきでしょうね。

佐藤:確かに、自分たちのことしか考えていないようなカウンセラーは考えものですよね。

清水:次に、「技術後の頭皮を見せない」「髪の生えるメカニズムが説明できない」「技術が終われば何もしなくていいと断言する」こういったサロンは、選ぶべきではないと思います。

佐藤:それはなぜでしょう。

清水:まず、「技術後の頭皮を見せない」というのは、結果を見せたくない、つまり自分たちの技術に自信がないということですよね。お客様が一番見たいのは、結果。薄毛がどう変わっていくかを確認したいわけで、それを見せないというのはちょっと信頼できませんね。

佐藤:確かにそうですよね。お金を払っているのに結果が見れないというのは、ちょっと違う気がします。

清水:また、サロンに行ったのに「髪の生えるメカニズムが説明できない」カウンセラーだったらどうでしょうか? 真剣に悩んでいるからこそ、しっかりとした説明が聞きたいはずなんです。バイオテックでは厳しい試験に合格したカウンセラーしかお客様と接することが出来ません。その試験では、理論的な筆記試験等もあります。

佐藤:サロンが自分でやっていることが説明できないというのは、お客様側から見たらすごく怖いことですものね。

清水:最後に「技術が終われば何もしなくていいと断言する」ということですが……。正直言いまして、髪を生やすということはそんなに簡単なことじゃないんですね。
サロンでの技術はもちろんのこと、日々お客様自身でケアしていただきたい部分もあるんです。それなのにも関わらず、「サロンだけで大丈夫」というのはあまりに無責任ではないでしょうか?

佐藤:そうですね。確かにサロンの技術を受けても、普段の食生活や生活習慣が悪ければ、髪の成長は阻害されてしまうでしょうね。サロン側は常にお客様を見守ることはできないのですから、そういう断言はするべきではないと思います。

薄毛で悩む方へのメッセージ

佐藤:最後に、このサイトの読者へのメッセージをいただきたいと思うのですが。

清水:髪の毛の悩みの原因にはどさまざまな要因があり、個人差のあるものですから、一人で悩まないでいただきたい。だから、まずは我々のところに気軽にきていただきたいです。落ち込んでいても勇気をもって取り組み、今は晴れ晴れと頑張っていらっしゃる方は多くいますので。

佐藤:おっしゃるように、まずは一歩踏み出すことが必要だと思います。

清水:そして踏み出された後は、私たちが自信をもって希望あふれる人生のお手伝いをさせていただけると思います。

佐藤:今日はありがとうございました

清水 賢
(株)バイオテック代表取締役社長。1966年、愛知県生まれ。 美容師の資格取得後、カリフォルニア州サンタバーバラへ留学。その後、(株)バイオテック入社。教育部長、統括部長を経て、代表取締役社長就任。

◎関連記事
夏バテ知らずで髪にもよいメニュー
職業別今すぐ始める抜け毛防止法
オシャレが薄毛に与える深刻な影響とは?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。