文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)
「どうせ薄毛だからファッションなんて…」と、オシャレをあきらめて自分を着飾る努力を怠ってはいませんか?そんな消極的では、恋のチャンスも逃してしまいます!
今回は「モテハゲファッション:夏コレ2007」と題して、薄毛の方に似合うファッションをAllAbout「男のみだしなみ」ガイド・首藤眞一良さんにアドバイスしていただきました。

薄毛の人が気をつけるべき身だしなみのポイント【スーツ編】

image
薄手の人に似合うといわれているスーツ。ぜひとも着こなしたいところ。
薄毛の人がスーツを着たとき、自分の年齢よりも年上に見られることがあります。 しかし、男性の魅力を最大限発揮し、「デキル男」を演出することができるスーツは是非マスターしたいアイテム。選ぶスーツや着こなし方で差がでるので、是非参考に。
男性的なセクシーさを際立たせ、清潔感を感じさせる身だしなみこそ、薄毛の人の基本。スーツの場合は、ちょっとリッチで、ダンディに見えるものがよいでしょう。例えば、ダブルのスーツやスリーピースのスーツ。色は、ネイビーかグレーのもの。無地でも良いですが、ストライプ柄も洗練された感じでよく似合います。

■ワンポイントテクニック!
スーツ選びで忘れてはいけないのがサイズ。必ず身体にあったものを買ってください。大きすぎるとだらしなく、小さすぎると窮屈で太って見えてしまいます。


薄毛の人が気をつけるべき身だしなみのポイント【カジュアル編】

image
清潔感溢れる無地のポロシャツ。薄毛の方のマストアイテムかも。
薄毛の方がカジュアルな格好をするときは注意が必要。あまりラフすぎてしまうと、頼りがいがなさそうであったり、弱々しい印象を与えてしまうことがあるからです。
そのためカジュアルの服装の時には、上品さと清潔感が感じられる服装がオススメです。例えば、シンプルな白いドレスシャツにジーンズを合わせたり、タートルネックのセーターにコットンのパンツなどを合わせます。
また、もっともオススメなのが無地のポロシャツ。清潔感が溢れ、比較的誰にでも着こなせます。ジーンズなどに合せるのもいいでしょう。


■ワンポイントテクニック!
カジュアルな服装をする際は、流行をあまり深追いしないことがポイント。薄毛の方は「知的」「大人」といったイメージがあります。そのため、あまり流行を追いすぎると「無理して若者に合せている」と思われかねないからです。

薄毛の人が注意すべき服装は?

これまではオススメの着こなしを教えてきましたが、ここでは逆に注意すべきファッションを紹介します。総じていえることは薄毛の方のイメージに沿わない服装は止めるべきでしょう。
ピアスや指輪、ネックレスなどをつけすぎ、水商売っぽい感じのギラギラな服装は、薄毛の人を輪をかけて、品がないように見せてしまうので注意です。
また、アイビーなどのプレッピーなルック(上品でおぼっちゃまのようなスタイル)のファッションは、サラサラとした髪と似合うスタイルなので薄毛の人にはおすすめできません。

■ワンポイントテクニック!
薄毛の方は落ち着いたファッションがよく似合います。つまり対極にある派手で、軽めのファッションは着こなすのが難しいといえます。初心者は手を出さないほうが無難ではないでしょうか。



オススメの使えるアイテムとは?

image
ストライプ柄のネクタイはさりげないオシャレを演出できます。薄毛の方にぜひ使っていただきたいアイテム。
冬ならばマフラーを巻いたり、キャップや帽子は髪の毛が無いほうが似合うものです。また、サングラスや伊達メガネなどでアクセントをつけて似合うのも、薄毛の人だからこそ。積極的に小物を使いこなすのがお洒落の決め手となります。


■ワンポイントテクニック!
サングラスは定番アイテムです。特にこの時期は使いこなしたいアイテムですね。また、小物…というと少し語弊があるのですが、ヒゲも薄毛の方にはよく似合います。伸ばしてから少し整えると、オシャレに見えますよ。


みなさん「男のみだしなみ」ガイド・首藤眞一良さんのアドバイスは参考になったでしょうか?
さっそく実践してみて、男ぶりをあげてくださいね。ファッションを楽しむその姿勢が、ポジティブハゲへの第一歩となるはずです。

◎関連記事
OL座談会「こんな薄毛にチョコあげる!」
女心をつかめ!モテハゲプロジェクト2007
2006年イケてる薄毛ヘアスタイル
クリスマスに!薄毛ファッションのコツ2005
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。