文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)
image仕事に遊びに一生懸命になると、つい寝る間も惜しんで突き進んでしまうものです。ガイドも徹夜で記事を書いてしまったりしますが、実は睡眠不足は、髪の毛に大きなダメージを与えるのです。それを考えて最近では、なんとか徹夜だけは避けようと心がけるものの、思ったほど上手くはいかないのが世の常です。

 

そこで今回は、頑張るあなた(と自分)に忠告するという意味もふくめ、「髪、現状キープのためにやってはいけないこと」のVol.2として、寝不足とヘアケアの関係を明かしましょう。

ぐっすり眠ると、元気いっぱいになりますよね?

sleep.image 当たり前ですが、ぐっすり眠った後は、体が元気になります。気力充実、活気にあふれる自分を感じることができます。しかし、あまり寝ていない状態では、動きに切れがなく、頭も朦朧としています。簡単に言うと、髪の毛もそれと同じ。充分に寝ていると元気で、寝ていないと元気がないのです。それは、

「睡眠は、修復の時間」だからです。
つまり、昼に受けたダメージなどを、寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによって修復するのが、睡眠なのです。  

髪の毛は、後回しにされるかわいそうな存在です

体は、毎日の充分な睡眠によって疲れから解放されます。睡眠は臓器の免疫力を高め、体力を回復させます。睡眠が不足すると疲れが取れないように、体の機能が低下するのですが、まずストップされるのが実は髪の毛や頭皮へのバックアップなのです

つまり、毛髪は他の臓器等に比べて重要度が低いと体が判断し、優先順位の高い場所を先にケアするために、毛髪へ栄養を送らないシステムが稼働するようになるのです。ですから睡眠不足によって一番初めにダメージを受けるのは、髪の毛というわけ。

ヘアケアにとっていかに睡眠が大切か、お分かりになりましたか?

このように睡眠時間は、髪の毛の成長が促進される最も大切な時間ですが、それは単に“寝ないと他にケアがまわって相手にされないから”だけではありません。なぜ「寝る髪は育つ」のか? そこにはさらに興味深いメカニズムがあるのです。 


夜の10時から、夜中の2時までに勝負しよう!

image髪の毛が一番成長するのは、夜。特に22時から2時の間です。
理由は、

「副交感神経が最も活発化し、成長ホルモンが大量に分泌される」

時間帯だからです。ですから、好き勝手な時間に睡眠をとるよりは、この時間帯を含めた夜に眠ることが効率的なヘアケアにつながると言えます。当然この時間帯は社会的活動もお休みなのが一般的。
ですから

人が最もリラックス、ストレスから解放される時間」

とも言えるわけで、そんな環境でゆっくりと休息することで、より充実した回復・成長につながるのです。
静かに横になり、ぐっすりと眠る。睡眠中は筋肉活動が低下するうえに、頭皮が心臓と同じ高さになります。
そうなることで

「頭皮の循環血液量が比較的多くなる」

ことも、「寝る髪は育つ」理由の一つでしょう。こうしたメカニズムから、特に22時から2時の間を含んだ夜に眠りをとることが、ヘアケアには大切だと言われるのです。

眠る時間を削るのは、髪の毛を育てる時間を削る(薄毛になる)こと!

sleep.image寝ることが、しかも夜に寝ることが大切だということが、お分かりになったと思います。
眠る時間を削ることは、育毛の時間を削ることなんです。この記事を読んで「今日から夜更かしはやめて、しっかりと寝よう!」と決意した方も、いらっしゃるかも知れませんね。

そこで、もう一つアドバイスを。それは、「上辺だけの睡眠時間ではなく、深く眠ることを心がけてください」ということです。たとえば、お酒を飲むとぐっすりと眠れるという人がいますが、実は浅い睡眠の場合が少なくありません。少しでも酔いがさめると体は興奮状態になるため、しっかりと眠っていないケースが多いのです。

また、寝る時間と起きる時間をバラつかせないことも大切です。毎日違った時間に寝て違った時間に起きていたのでは、体が睡眠の準備をするのにとまどってしまいます。寝入るまでの時間が長くなり、結局は短時間しか熟睡できなくなるのです。ですから、毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きるというのが、深く眠るため、ひいては育毛のためには大切です。


ヘアケアには規則正しい生活が不可欠です。
食生活の面からそれを考えたVol.1「シメのラーメンで毛が抜ける!?」も参考にしていただきたいのですが、

●睡眠 
●食べ物 
●お酒やタバコなどの嗜好品 
●シャンプー 
●ストレス

──などなど、健やかな髪の毛のためには、気を配るところはたくさんありそうです。一見とても面倒な気もしますが、ホームドクターのような感覚で、お近くのサロンなどとお付き合いし、体系的にご自分のヘアケアと取り組んでもいいでしょう。

◎関連リンク
→髪によくないこと、もっと考えてみよう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。