秋は湿気が少なく、気温も高くないので、夏ほど肌のベタつきが気になりにくいかもしれません。しかし、顔を洗った後、何もしないで放っておくなんて人いませんか? 実はその行為がベタつきを生んでいるとしたら……。保湿はこれから特に必要なスキンケアのひとつです。

保湿をしないと肌はどうなるでしょうか? 肌は乾燥を防ぐために、より多くの皮脂を分泌しようとします。結局、それが過剰な皮脂を生み、ベタついた肌へとなってしまうのです。脂っぽくなるのが嫌で、何もつけないという人は大間違いです。

洗顔後にはすぐにローションを

たっぷりのローションでうるおいをしっかりと肌に与えます。スキンケアはまずこの一歩から photo:押小路実美
ローションや化粧水を“単なる水”と思っている男性は多いものです。化粧水は高温多湿の日本ではもっとも重宝される保湿アイテム。空気が乾燥している欧米では、直接クリームを塗るということもありますが、やはり水分でパシャパシャするのは気持ちがよいもの。

では、どんなローションを選べばよいでしょうか? 最近はアルコールフリーのものが増えています。アルコールはスーッとしますが、肌への刺激もあるので避ける人が多いようです。コットンを使うか、手で塗るか迷う人もいるでしょう。コットンを使うのが面倒という人は手でもOK。男性の場合、ヒゲに引っかかってしまってコットンだと、うまくいかないことがあります。その場合は、手にとってやさしくパッティングしましょう。ポイントはケチらずにたっぷりと使うこと。

乾燥が気になる人はジェルタイプのものをプラスする

秋口の男性にはさっぱりとしたテクスチャーのジェルがぴったり。クリームはもう少し寒くなってからでもOK photo:押小路実美
秋はローションだけではややもの足りません。そこでせっかくローションで与えたうるおいを逃さないために、蓋の役割をする保湿アイテムを塗りたいところですが、油分がリッチな乳液やクリームではさすがに重すぎるという男性もいます。

そこで、ビギナーにもオススメなのがオイルフリーのジェルタイプ。これなら、さっぱりとしているのにうるおいをキープ。肌なじみのいいものをチョイスしましょう。


次のページではシワやしみなどが気になる人にオススメのローションとジェルを紹介します。