洗うだけでは不十分、隠れた垢を見逃すな

かかとだけでは駄目
角質のケアはかかとだけでは駄目、顔からつま先まですみずみチェック
皆さんは毎日しっかりと体を洗っていますか? これはさすがにほとんどの人がYesでしょう。では、角質まできちんとケアできていますか? 普段ちゃんと洗っているつもりでも、気づかないうちに余分な角質が生成されて、肌は硬くなってしまいます。

一番わかりやすいのがかかとですが、もちろんそれ以外の部分にも角質は存在します。しっかりとケアしていないと、角質が肌の上で薄く膜を張るように層を作り、肌そのものがゴワついたような感覚に。これはわかりやすく言えば、肌がバリアで覆われているようなもの。こんな状態では、保湿などスキンケアどころではありません。

話題のジェルでひと皮むいて全身ツルピカ

Cure ナチュラルアクアジェル
Cure ナチュラルアクアジェル250g 2,625円東洋ライフサービス
そうは言っても、ソープを使ってしっかり擦り洗いをすれば不要な角質なんて寄せ付けないはず。と思っている人もいるかも知れません。強く擦れば当然汚れは落ちますが、同時に肌も傷つけてしまう大きなリスクを伴います。男性は混合肌の人が多く、特にこれからの季節、肌の乾燥に悩む人も多いはず。洗いすぎは余計に症状が悪化する場合もあるので注意が必要です。

では安全に角質をケアするにはどうすれば良いのでしょう? 実はガイド自身も乾燥肌で擦り洗いには慎重派。真剣に解決策を探している中、発見したのが「Cure ナチュラルアクアジェル」。肌のたんぱく質とアミノ酸に反応し、余分な角質をやさしく落としてくれるピーリングアイテムで顔はもちろん全身にも使えます。活性化水素水を使用し、酸を使わないところがポイント。すでに美容に敏感な女性の間では今どきのスキンケアアイテムとして話題になってきているほど。


肌のゴワつきがボロボロとれる快感はくせになる

無理やりゴシゴシ擦らずとも、しっかり角質ケアができる「Cure ナチュラルアクアジェル」。使い方は簡単で、洗顔やボディソープで汚れを落とした後に、水分を拭き取り、そこにジェルをつけて指で優しくマッサージするだけ。そこでさっそく、気になるこのアイテムの実際の効果を腕を使って試してみました。

Cure活用法1
Cureを手首の部分に数滴たらしてみます。しばらくすると余分な角質が白っぽく浮かび上がってきます。

Cure活用法2
指の腹を使って円を描くようにくるくると優しく擦ると、まるで消しゴムのかすのように余分な角質がボロボロとでてきます。見た目にも効果がわかりやすいところがとてもユニーク。

Cure活用法3
ちなみに、その後ティッシュで拭き取り、同じところで試してもボロボロとはなりません。このボロボロは、液体が固まっているのではなく肌の不必要なたんぱく質が反応してできるものだからです。

肘、膝、かかとは当然のこと、おすすめは見落としがちなうなじやくるぶしの周り。意外と不要な角質がたまりがちなポイントです。手で撫でてみて、なんとなくごわごわガサガサしている部分を感じたら、そこをターゲットにしてみてください。きっと、ボロボロと角質が面白いようにとれるはず。言ってみれば、部分的な「あかすり」のようなもので、やり終えると薄皮が一枚剥がれたようにツルツルになる爽快感が味わえます。


もちろん、フェイスケアもこれでOK。シミやくすみも肌の角質層に色素が沈着することが原因なので、分厚くなった角質層をケアしてあげることが大事です。また保湿ローションなどの浸透力も増し、普段のスキンケア効果の向上も実感できますよ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。