見逃しがちな背中に注意

背中にも気配りを
見えない部分にも気を配れるのが大人の男
「洗顔やヘアスタイルにはバッチリ気を遣ってますよ!」という男性は多いのですが、そういう人でもついつい怠りがちなのが背中のケア。なんとなく背中がかゆいなぁと思って、鏡で後姿を見てみると……。あれ!? こんなところにニキビができてる! という苦い経験はありませんか?

きっとあなたも身に覚えがあるはず。普段、見えにくい部分ですから、無意識のうちに目が行き届かなくなってしまうのです。前から見ると清潔感がありイケてるのに、一方、背中は荒れ放題ではイメージダウンは必至。特に目立つニキビや吹き出物は素早く手を打ちましょう。


背中ニキビの原因とは?

汗に注意
汗を多くかいた日には素早くシャワーを
あまり知られていないかもしれませんが、背中には顔と同じように多くの皮脂腺があります。ニキビは皮脂腺が多く集中しているところにできやすいという特徴がありますから、背中は顔と同じようにとてもニキビができやすい場所なのです。

では、ニキビはどうしてできるのでしょうか。まず、毛穴が汚れや代謝による老廃物でつまります。そして、皮脂が毛包の中で黄白色の塊となり、さらに皮脂が外気に触れると黒く変色してくる、という過程で成長していきます。もっと酷くなると周りの皮膚が赤く腫れて膿んできます。

要するに、背中などに汗をかいたままにしていると、皮脂が多く分泌される中で菌がどんどん繁殖し、背中にニキビができやすくなるということです。暑い日にもスーツを着て外出しなければならないビジネスマンは特に注意が必要です。


次のページでは、日常的にできる効果的な背中ニキビ対策法をご紹介します。

ボディーブラシで洗い残しをなくそう

ボディーブラシを使おう
背中をしっかり洗うにはボディーブラシを活用するのがおすすめ
おすすめボディーブラシ
THE BODY SHOP「フロストバスブラシ」価格:1,050円(税込)
背中にできるニキビの原因は前のページで触れましたが、ニキビを防ぐための最も大事なポイントはとてもシンプル。それは「しっかり洗って清潔にする」こと。

しかし、体が硬い男性は手が背中に届かないために洗い方が雑になってしまうことがよくあります。そういう場合は、ぜひボディーブラシを使ってしっかりと汚れや余分な皮脂を洗い流してください。ナイロンタオルで強くこすり過ぎるのは、摩擦で肌を痛めてしまうので避けましょう。

また、ヘアトリートメント剤などが流し足らずに背中についたままになってしまい、それがニキビの原因になることもありますので、こちらもしっかりと洗い流しましょう。



洗った後はしっかりとうるおい補給

保湿系の入浴剤
保湿系の入浴剤を上手に活用しましょう。手の届かない背中もちゃんとケアできます
おすすめ入浴剤
ORBIS「ミルキィバス リフレッシュ」18mL×10包価格:860円(税込903円)
汚れをしっかり洗い落とした後は、肌に潤いを与えることが大事。実はニキビには肌の乾燥も大敵です。肌の乾燥を防ぐには、保湿ローションなどのケアアイテムを使用してください。しかし、パートナーなどに手伝ってもらえるなら良いですが、保湿ローションなどを自分一人で背中に満遍なく塗ることは難しいですよね?

そこでオススメなのは、保湿系の入浴剤を使ってバスタブにゆっくりつかること。そうすることで皮膚の表面に薄い被膜を作り、風呂上りの乾燥を防いでくれます。乾燥肌で悩んでいる方もこのやり方は使えますよ。

また最近では、背中の保湿ケア用の専用スプレーなども売られています。向きを逆さまにしてもちゃんとスプレーできるものがありますので、こういったものを活用しても良いと思います。いずれにしても、背中のニキビは清潔さを保つことと、適度な保湿が大切です。日頃の心がけで十分予防できますから面倒臭がらずにきちんとケアしてくださいね。
クリアボディローションベルガモット ボディミスト
ORBIS「クリアボディローション」逆さにしても使えるスプレータイプの和漢植物由来成分を配合した薬用ボディローション。メントール配合で爽快な使用感THE BODY SHOP「ベルガモット ボディミスト」ベルガモット果実油を始め、14種類のエッセンシャルオイルを配合。グリセリン、天然保湿成分 NMFなどが肌をしっとりと整える


【関連リンク】
  • THE BODY SHOP
  • ORBIS
  • 男の肌トラブル、ニキビ肌とオイリー肌対策
    【関連記事】
  • スキンケア お悩みQ&A 大人のニキビ
  • 見せるシーズン到来! 背中と胸のにきびをケアする
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。