今回の男のヘアカタログはパーマスタイルです。髪がまとまらない、ボリュームが出ない、イメージ通りにならないなどいろいろとありますが、パーマで悩みを解消させる方法を紹介します。
写真をクリックすると次の写真に進みます
正面
風になびくような軽やかなヘアスタイルクラシコ 表参道

   

写真をクリックすると次の写真に進みます
サイド
動きをつけやすく軽いイメージ

   

写真をクリックすると次の写真に進みます
バック
パーマで毛先のハネを出します

   

メンズミディアムのパーマスタイル

正面
ニュアンスパーマでアジがある演出効果を狙いましょう
スタイルクラシコ 表参道
ヘアカタログなどを見ていると最近ではメンズスタイルもパーマを生かしたスタイルを多く見かけます。実際に男性もパーマをかける人が多くなってきています。

パーマといえば、おばちゃんのようなパーマ、いわゆる「クリクリパーマ」といったスタイルを思い浮かべる人も多いかと思いますが、ボディーパーマやピンパーマといった動きをつけたい部分に施すニュアンスパーマが主流です。ニュアンスパーマは「クセ毛風パーマ」で毛流れをつけたり、毛先をハネさせたりシルエットを変えるばかりではなく、ボリュームを出したり、抑えたりまとめやすくなる効果もあります。

扱いにくい髪質でお困りの方は、カットでスタイルを変えるだけではなく、考え方を変えてパーマを試してみてください。

【クールナチュラル:ヘアスタイル情報】
■長さ:ミディアムウルフ
■カット:トップは短めにチョップカットを施し、トップ以外は長めに残してスライドカットで束間を出す。そうする事で、ウルフのなかに大人っぽさを演出。
■カラー:ベースは8トーンのアッシュ系で、全体的に細かく13トーンのハイライトをオン。ハイライトが束感をサポートします。
■パーマ:えり足、サイドに外はねパーマをかけて動かせればやりやすさ倍増。
■セット:サイドとえり足の流れ方、はね方がポイント!うまくつまんでスプレーをさっとふり、キープすれば完璧。
■ポイント:誰が見ても高感度抜群のヘアスタイル

【クールナチュラル:似合う顔型・髪質】
■顔型:三角、面長、丸型、卵型、ベース型
■髪質:普通~直毛
■毛量:少ない~多い
■硬さ:やややわらかい~硬い


次のページは「クールナチュラル」を詳しくご紹介します。

「クールナチュラル」の特徴

サイド
髪質の欠点もカバーしてくれるボディパーマを効果的に利用しましょう
このスタイルはミディアムウルフで長めヘアスタイルです。ミディアムからロングにかけてはボディーパーマが効果的で根元のボリュームをコントロールしたり、毛先をはねさせたりと頭の形や髪質の欠点を補正できます。ショートヘアの場合はピンパーマがおすすめ。ロッドでは巻けない短い部分にピンを丸めてかけるパーマでサイドの浮きやすい部分をボリュームダウンさせて流したり、毛先だけ動きをつけるのに適したパーマです。

バック
ハネた毛先を演出することで、ヘアスタイルにニュアンスがプラスされ完成度が高くなります
このモデルさんは固くて髪が多い髪質ですが、パーマにより柔らかいイメージに仕上がっています。ツンツンしやすい髪質ですが、毛先のカールで動きを出してまとまりやすく仕上げました。


スタイリング法

ソフトワックスを用いてスタイリングします。ハードワックスだと重さが出てしまいスタイルの持ちが悪くなりますので、なるべく軽めのワックス選びがポイントです。スタイリング自体は、簡単で毛先中心に全体になじませ鏡を見ながらシルエットを整えるだけです。


【ガイド記事一覧】
人気のヘアスタイル情報や髪の悩み解決法を紹介!

【関連リンク】
ヘアスタイルの悩み・サロンでの疑問
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。