今回の男のヘアカタログは、ミディアムヘアのアレンジスタイルです。サイドを後ろに流すようにするだけで、顔のラインをシャープに見せることができます。では、早速ヘアスタイルの解説です。

写真をクリックすると次の写真に進みます
正面
サイドをリバースに流して顔周りをすっきり見せましょう

   

写真をクリックすると次の写真に進みます
サイド
今回のポイント:ワックスを使ってサイドに自然な流れを作ります

   

写真をクリックすると次の写真に進みます
バック
毛先にパーマをかけて動きのある柔らかな質感に

   

正面
サイドをリバースに流して顔周りをすっきり見せましょう

キリッと見せるリバースラインミディアム

最近のメンズスタイルの傾向は長めのミディアムヘアが多く見受けられます。ヘアカタログなどを見てもショートスタイルよりもミディアムヘアが多く紹介され、清潔感のあるベリーショートよりも男の魅力、つまりセクシーさを演出できるため、ミディアムスタイルが人気のようです。

しかし、自分の髪型をミディアムスタイルに挑戦したいと思っても、「仕事などの関係でできない」「スーツに似合わない」「野暮ったい」「スタイリングがめんどくさそう」などの理由で、いつも無難な髪型に落ち着いてしまいがち。そのため、ショートスタイルにしてしまう方がほとんどではないでしょうか。

仕事や学校でミディアムスタイルが可能であれば、いつもと違った自分を髪型で表現してみてはいかがでしょうか? ヘアサロンで「いつもと同じ感じで……」とオーダーして、いつもと同じ髪型からちょっと伸ばして雰囲気のあるミディアムに。

伸ばしかけの髪はとても気になるし、スタイリングしづらいですが、ショートスタイルでいつもと違う髪型にしても周囲の人達は気づかないくらいの変化しかありません。この際、思い切ってまったく違った自分、魅惑的なミディアムスタイルに挑戦してみましょう!

【リバースラインミディアム:ヘアスタイル情報】
■長さ:ミディアム
■カット:レイヤー
■カラー:ダークアッシュ
■パーマ:ボディーパーマ
■セット:ひし形のシルエットを意識してハードワックスでスタイリング
■ポイント:サイドの流れ

【リバースラインミディアム:似合う顔型・髪質】
■顔型:三角、ベース、面長、丸型、卵型
■髪質:ややクセ~直毛
■毛量:やや少ない~多い
■硬さ:やや硬い~硬い


次のページはスタイリング方法をご紹介します。

「リバースラインミディアム」の作り方

サイド
今回のポイント:ワックスを使ってサイドに自然な流れを作ります
ミディアムスタイルで一番気にしたいポイントは「清潔感」。ミディアムスタイルは、ルーズで魅力的なスタイルですが、重たくなったり、ボリュームがなくペタンとしてしまうと、不潔に見えてしまう欠点もあります。そういったウィークポイントを解消するために、サイドを後ろ(リバース)に流すことで顔周りをすっきりさわやかな印象にしましょう。

バック
毛先にパーマをかけて動きのある柔らかな質感に
サイドをリバースに流すスタイリングは、キリッとさわやかに見せる効果もあります。着る服も普段着はもちろん、スーツに似合わせることも可能です。顔をシャープに見せる効果もあるため、ミディアムヘアでアレンジをしたい場合など、ぜひ試してみてください。

スタイリング法

スタイリングはシャンプー後、根元をこすりながらドライヤーを当て乾かします。このときに毛先から乾かすのではなく、根元から乾かして毛先はしっとりと乾く程度にします。そうすることにより、毛先のパサツキを押さえ根元はフワッとしたスタイルに仕上がります。

最後にソフトワックスを少量、毛先をつまみながら全体につけて、サイドを手ぐしでリバースに流してフィニッシュです。


【最近の記事】
硬い髪で困っている人必見!セイムレイヤー
高感度をアップさせる髪型


【関連リンク】
スタイリングテクニック
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。