4桁の車名に込められたこだわりの数々

プジョー3008
従来のモデルとは異なるコンセプトを表現した4桁の車名をもつクロスオーバービークル。サイズは全長4365×全幅1835×全高1635mmと、ハッチバックの308と比べ全長75/全幅15/全高120mm大きくなった。国内にはベーシックなプレミアム(339万円)と、レザーシートなどの豪華装備をもつグリフ(385万円)の2グレードがラインナップされた

正直言って、コンセプトカー“プロローグハイブリッド(2008)”のときから、個人的には「こんな形のプジョーは嫌だな」と思っていた。

ピニンファリーナと関係の深かったブランド故、誰が見ても納得のできるスタイリングがプジョーだと思っていたし、最近のあの強烈に個性をアピールするヤゴのような顔つきには違和感を覚えつつも、全体的な印象としては悪くなかった。

だから、3008を見た第一印象は、“なんじゃこりゃ!!”。なんだかもう、プレーリードッグみたいにずんぐりした小動物をみるよう。否、プレーリードッグのように可愛げがあればまだ良かったが、果たしてそれもそれほど感じることはなく、逆に立派なグリルのせいでちょっと子憎たらしい顔つきにさえ見えてしまい、自分の世界観とは全く相容れないクルマだと決めつけていたのだ。モノフォルム系が基本的に嫌い、ということもある。

プジョー3008
ステンレス製アンダーガードやヘッドライト下のプロテクター、LEDを用いたブーメラン型テールランプが特徴的なエクステリア。アクセントとしてサイドにクロームラインも入る

ところが実際に乗って見ると