完璧にごまかす!着痩せルール8カ条

ストライプ柄とボーダー柄は、よく似た柄だけど、着た時の印象は全く逆。縦ラインを強調するストライプ柄ならスマートに、ボーダー柄は横に広がって見え、実際よりも膨張して見えます。右のシャツ 13,650円/22オクトーブル(東京スタイル)

前回、体型別に着痩せして見えるシルエットをご紹介しましたが、どんな体型にかかわらず、確実に痩せて見える着こなしルールがあります。

たとえば、皆さんがよくご存じのものでいえば、ストライプ柄とボーダー柄を着た時の見え方の違い。もちろん、縦ラインを強調するストライプ柄の方が、絶対的にスリムに見えます。

今回は、そんな顕著に着痩せを実現してくれるアイテム&ルールをご紹介しましょう。どれも、知らないと損する!着こなしのセオリーです。


[CONTENTS]
Page2: 腰を隠すロング丈ジャケットは、最強着痩せアイテム
Page3: 腕を細く見せたいなら、七分丈のベルスリーブ
Page4: 暖色より寒色の服の方が、コンパクトボディに見える
Page5: 丸顔さんは、タートルネックでも、オフタートルを選ぶ
Page6: 丸首より深いVネックの方が、断然小顔に見える
Page7: 高い位置にポイントがあるコーデで、スタイルアップ
Page8: 同じグレータイツでも、濃い色の方が美脚に見える
Page9: ブーツカットは、やっぱり美脚デニムの王様

腰を隠すロング丈ジャケットは、最強着痩せアイテム

同じテーラードジャケットでも、ジャケットの着丈で、スタイルの良さに差がでます。旬のコンパクトなロング丈ジャケットなら、着痩せ度アップ。右 ジャケット 29,400円/デュラス アンビエント インナーとネックレス付きワンピース 15,750円/スタイルコム(東京スタイル)ネックレス 18,900円/アビステ

誰が着ても、着痩せして見える代表選手は、ヒップまですっぽり隠してくれる、ロング丈のテーラードジャケット。肩幅が小さめで、ハイウエスト位置で少し絞ったIラインに近いシルエットのものなら、1枚着るだけでほっそり見えます。また、袖丈も手の甲が隠れる長めのものより、手首が見え隠れするくらいの丈の方が、スリム効果アップ。袖口が折り返せるタイプもおすすめです。

オフィススタイルに欠かせないロングテイラードは、今シーズンのトレンドアイテムでもあり、パンツとの相性も抜群。ワンピースやスカートを合わせる時は、ミニ丈を選んだ方がバランスよく着こなせます。

腕を細く見せたいなら、七分丈のベルスリーブ

意外に目につくのが二の腕の太さ。逆に少々ボリュームのあるボディでも、腕さえほっそりしていれば、スリムに見えます。右 ベルスリーブのワンピース 18,900円/アプワイザー・リッシュ ネックレス 6,300円/QUEENS COURT 

着痩せして見せる最大の早道は、ほっそりと女らしいパーツを強調する方法。とくに華奢な手首をアピールできる七分袖のアイテムはおすすめです。理想は、肩や二の腕などの太さを感じさせない、少しゆとりのある袖のもの。

なかでも、注目したいのが、袖口が広がっているベルスリーブの服で、袖口でひらひらと泳ぐように動く手元が、フェミニン度満点です。逆に、腕にぴったりフィットするフルレングススリーブは、ムチっとした印象を与えてしまうので要注意。

暖色より寒色の服の方が、コンパクトボディに見える

同じタートルネックでも、寒色のブルーと暖色のイエローとでは、ボディラインの印象が違ってきます。ライトブルーなら、ぐっとシャープな表情。左 タートルニット 2,990円/UNIQLO

着る服の色によって、実際よりもふっくら見えたり、ほっそり見えたり、色の人に与える影響は絶大。ブルーやパープル系などの彩度の高い寒色は、クールで知的に見えるとともに、ボディをキリリと引き締めてくれます。

一方、ピンクやイエローなど暖色は、やさしく可愛らしい表情を演出してくれるけれども、ふっくらと見えてしまう危険性があります。

ただし、暖色に比べると寒色は、顔色が悪く見えがち。寒色のトップスを着る時は、ゴールドのアクセサリーをつけたり、きちんとチークをさして血色を良くしたりなどの配慮もお忘れなく。

丸顔さんは、タートルネックでも、オフタートルを選ぶ

ネックラインをすっぽり覆ってしまうタートルネックは、丸顔に見えがち。オフタートルネックなら、すっきりした印象。左 オフタートルのワンピース 14,175円/22オクトーブル(東京スタイル)

冬場の代表的なインナーといえば、タートルニットのセーター。コートやジャケットのインに着るほか、ワンピースとの重ね着にも欠かせない重要アイテムです。

でも、顔まで詰まったデコルテにあきのないタートルネックは、やはり丸顔を強調するアイテム。ましてや、首のあまり長くない人が着ると、顔がより丸く、大きく見えてしまいます。

一方、首に密着していない、ゆったりとしたオフタートルネックなら、デコルテがほんの少し見える分だけ女らしく、フェースラインもすっきり見せてくれます。

丸首より深いVネックの方が、断然小顔に見える

えりあきの中で、もっとも着痩せ効果が高いのが、深いVのカッティング。右 ニット 14,700円/アプワイザー・リッシュ

憧れの小顔を手に入れるためには、ネックラインへのこだわりも重要。着痩せ効果の高いえりあきは、やはりVネックで、Vあきが深くなるほど、小顔効果が高くなります。

一方、首がつまったラウンドネックの服は、顔が丸く大きく見える危険性大です。

さらに、ニットアイテムの場合、ローゲージよりハイゲージの編み地のものを選んで。淡いトーンのアイテムほど、素材感のよってボディラインに差が出ます。

高い位置にポイントがあるコーデで、スタイルアップ

着こなしのアクセントポイントを高い位置にすることが、スタイルアップの近道。右 ニットワンピース 参考商品/INED  ブーツ 13,450円/R&E渋谷109店

着痩せして見せる方法のひとつが、「背を高く見せること」。その手段としておすすめなのが、アクセサリーやスカーフなどで、顔回りにアクセント付けするテクニック。目線が上に集まり、重心がアップするため、実際よりもスラリと背が高く見えます。

逆にローウエスト位置でベルトをあしらったり、コサージュを下めの位置でアレンジしたりすると、重心が下がり、ずんぐりとした印象を与えてしまうことも。

服のポケット位置にも同じことが言え、胸元にポケットがついていたらスタイルアップ、ウエストより下の位置に付いていたらバランスが悪く見えます。

同じグレータイツでも、濃い色の方が美脚に見える

おしゃれで引き締め効果のあるチャコールグレーのタイツは、ぜひ通勤に取り入れて。左 タイツ 840円/靴下屋(タビオ) チェックブラウス 15,750円/22オクトーブル(東京スタイル) ティアードスカート 15,750円/INED エナメルパンプス 13,440円/pure elegance(イーボル)

昨年からカラータイツ流行りですが、「明るい色は、太めの脚を悪目立ちさせる」と言われています。確かに、白タイツより黒タイツの方が、締まって見えますが、黒タイツはお洋服によっては重すぎる場合もあります。

そこで、今回、グレーの濃淡のタイツをはき比べてみて、足のラインに差がでるかどうかを検証してみました。写真右はチャコールグレーのタイツを着用、写真左はライトグレーのタイツを着用。明らかに、濃いグレーをはいた時の方が脚は引き締まって見えます。

たとえばブルー系やブラウン系など、いろいろな色のタイツに挑戦する際、極力、濃度の高い色を選ぶことをおすすめします。もちろん、タイツと靴の色をそろえると、脚は確実にすっと長く見えます。

ブーツカットは、やっぱり美脚デニムの王様

スキニーデニム流行りだけど、スタイル良く見えるのは、やはり定番的なブーツカットデニム。右 デニムパンツ 14,700円/リーバイス(リーバイ・ストラウス ジャパン) ニット 13,650円/MAYSON GREY ネックレス 8,400円/アビステ 

今季は、スキニーをブーツインするデニムスタイルが大ヒット。「ブーツがあれば、ピタピタでも怖くない!」と思いがちですが、やっぱり脚長・美脚に見えるのは、ブーツカットシルエットのデニムです。

スキニーの場合、太ももにぴったりはりつくぐらいフィット感がある方がおしゃれに見えるのですが、足の太さだけでなく、O脚やX脚などの欠点も顕著に現れてしまうのは避けられません。

着痩せの基本は、カムフラージュすること。太ももがほどよくフィットしたブーツカットを長めの丈に設定して、ヒールのあるパンプスを合わせるという、王道スタイルに勝るものはありません。

今回は、年末スペシャル編として、実例付きで8つの着痩せテクニックをご紹介しました。

「スマートな体型」とは、知的で洗練されているスタイルを指すもの。

重ねるアイテムが多くなる冬場こそ、少し頭を使って計算して、「痩せて見えるスタイリング」を実践してみましょう。たとえば、タイツやアクセサリー使い、小さな部分のおしゃれを工夫するだけでも、大きな違いが出てくるものです。

このお正月休みの間に、スタイリングテクニックを磨いてみませんか?

なお、冬の着痩せテクニックは、12月25日配信号のデジタルefでさらに詳しく掲載しています。ぜひ、参考にしてみてください。

撮影/兼重政徳
スタイリング/山本あきこ
モデル/渡瀬加奈、平井真由美

アビステ TEL: 03-3401-8101
アプワイザー・リッシュ ネックレス TEL: 03-3408-8443
R&E渋谷109店 TEL: 03-3477-5016
イーボル TEL: 03-3847-0753
INÉD(フランドル) TEL: 0120-290-370
QUEENS COURT TEL: 078-302-7617
デュラス アンビエント TEL: 03-5772-6470
東京スタイル TEL: 03-3262-8138
MAYSON GREY TEL: 078-302-7617
UNIQLO カスタマーセンター TEL: 0120-090-296
リーバイ・ストラウス ジャパン TEL: 0120-099-501
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。