年末年始、ちょっとした旅行にこれから出かけようという方は、少なくないはず。All Aboutユーザーのなかには、仕事がら出張が多いという方も多いでしょうね。旅先とはいっても、ジュエリーには手を抜かないのが、大人の女の身だしなみ。そこで今回は、旅で役立つジュエリー収納の小ワザをお教えしちゃいます。
 

ネックレスなどのアクセサリーの絡まない持ち運び方って?

さて、まず、みなさんはどうやってジュエリーを持ち運んでいますか? まさか、コスメポーチかなにかに無造作にじゃらじゃら入れたりはしていませんよね? ジュエリーとジュエリーがぶつかりあったり、こすれあったりする状態での持ち運びは、素人まるだし絶対厳禁! プロなら決してこんな収納はしないものです。

ジュエリーとジュエリーが直接こすれあうと、互いにキズがついてしまいます。とくに要注意なのは、ダイヤモンド。鉱物のなかでは最も硬い宝石ですから、小粒のダイヤモンドがちょっと当たっただけで、カリッとひっかいたようなキズがつくことがあるのです。キズついた部分が貴金属だったら、磨き直しに出せば元通りになりますが、硬度の低いカラーストーンやパールにキズがついてしまったら……、もうちょっとやそっとでは直りません。
 

チャック付きビニール袋でチェーンの絡まり防止!

プロが持ち運びに使う必携アイテムは、じつはチャック付きのビニール袋。100円ショップなどで簡単に手に入る、アレなのです。単純な話ではありますが、ひとつひとつのジュエリーをビニール袋に入れておけば、ジュエリーどうしがこすれあわずキズつかないというわけ。

ジュエリーの入れ方には、ちょっとしたコツが必要です。ネックレスの場合は、クラスプ(留め具)をチャックに引っかけておくと、チェーンがからまりにくくなります。よりていねいにしまうには、トップの部分だけをまずビニール袋に入れ、さらにもう1枚の袋に“2重入れ”。こうしておけば、トップがチェーンとこすれてキズつくのを防げます。

ビニール袋の使い方 その1
▲左:チェーンのクラスプは、チャックの部分にひっかけてから閉じて。
右:ビニール袋の“2重入れ”。トップ部分だけ別の袋に入れてあります。
使用したビニール袋のサイズは「A9」。これ、重宝です。

ピアスやイヤリングをしまうときも“2重入れ”を応用。たとえばパールのピアスなどを1枚の袋にほうりこむと、片方のピアスのポスト(針)やキャッチ(留め具)が、確実にもう片方のパールを傷めます。ダイヤモンドの硬度を10とすると、パールの硬度は2.5~4.5。とくに気をつけてあげたい宝石なのです。
 

ピアス収納のコツ!キャッチの穴にポストを通すだけ

そこでもうひとつ。ピアス収納のコツを。キャッチの穴にポストを通してしまうのです。こうすると2重入れをしなくてもピアスがこすれあわないし、ペアがばらばらにならないので何かと便利。よくピアスの片方をなくしちゃうという方も、ぜひ試してみてください。

パールピアスのしまい方のコツ
▲ピアスのキャッチに、もう片方のピアスのポストを通して
ばらばらにならないようにまとめます。簡単でしょ?


おすすめのボックス、専用ポーチ

旅に持っていくジュエリーをビニール袋にきちんと入れたら、もうポーチにほうりこんでも大丈夫。わたしが愛用しているのは、エルメスとルイ・ヴィトンの小さなボックス。これならバッグの底でおみやげに押しつぶされたりしないので、ポーチよりも安心です。ビニール袋入りのジュエリーと、メガネ拭き用の小さな布きれ(ジュエリーを拭くのに便利)をまるめてつめこんで、バッグにぽい!

エルメスとルイ・ヴィトン
▲左:エルメスの「Boite à Sucre」。本来は、馬に与える角砂糖を
持ち歩くための箱。丈夫なので時計入れにしています。
右:ルイ・ヴィトンの「?crin à Bijoux」。軽くて小さく、
細々したものがいろいろ入ります。ともにガイドの私物です。

もちろん、ジュエリー専用のポーチもよく使いますが、なぜかブランドものにはなかなか使い勝手のいいものがないのが実情。そこで、わたしは特注品を愛用しています。市販されているブランドものは、収納ポケットが少ないのが難点ですよね。ポケットや仕切がいくつかついていて、なかで“ジュエリーがじゃらじゃら”状態にならないような機能的デザインがベストです。

ジュエリーポーチ
▲ガイド愛用のレザー製ジュエリーポーチ。
チャック付きのポケットが大小6つ、リング用の差し棒、
ネックレス用のポケットがあり、収納力大。

携帯ジュエリートレイがあるとより便利!

さらに、ひとつ持っていると重宝するのが、携帯ジュエリートレイ。旅先でホテルに落ちついたあと、外したジュエリーや時計を洗面台の上にほうり出したり、陶器やガラスの灰皿のなかに入れたりしていませんか? ふだんジュエリーを扱い慣れているプロは、そうした硬いところにジュエリーを置くのを嫌います。デリケートなジュエリーをなるべく傷めたくないという、職業病的な反応です。

というわけで、わたしはホテルに携帯ジュエリートレイを持参。これがあると、外したジュエリーや時計をちょっと置いておけるので便利。外出するときは、部屋に備え付けられたセイフティボックスにひょいとそのまま入れてしまいます。

ジュエリートレイ
▲ミキモトの旅行用ジュエリートレイ。四隅のホックを外すと
平たくなるので、携帯しやすいのがメリット。

さて、今回ご紹介したジュエリー収納の小ワザは、旅に限らず、アフターシックスにジュエリーを着替えるときも使えるはず。オフィスではシンプルなジュエリーづかい、そして夜にはバッグに忍ばせたジュエリーに着け替えてドレスアップ……。そんな日は、ジュエリーを正しく収納して持ち歩いてくださいね!

 
【関連リンク】
MIKIMOTO Net Shop … ハンドバッグ形の携帯ジュエリーボックスをネット販売。
トップページ > Gift Items > Next > ドレッサーメイツ
レイジースーザン … 機能性抜群の旅行用ジュエリーポーチをネット販売。
トップページ > ファッション アクセサリー > その他
JALショッピング … フライトアテンダント推薦のジュエリートレイをネット販売。
トップページ > トラベルグッズ > 旅行先で > レイジースーザン ジュエリートレー

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。