文章:本間 恵子(All About「ジュエリー・時計」旧ガイド)

ジュエリーの大敵はいろいろありますが、一番身近な“敵”のひとつは汗ではないでしょうか。じっとりした夏の汗は、肌に直接触れているジュエリーにも、しっかり移ってしまうのですから。

夏は、ウォータープルーフのコスメや紫外線対策のローションが欠かせませんが、汗だけでなく、これらも密かにジュエリーにくっついてしまっているはずです。ほーらほらほら、あなたのジュエリー、どことなくくすんで輝きが鈍っていませんか……? それはきっと、夏の汗やらコスメやらが、よどんだ汚れとなってこびりついているのです。

この汚れを長年ほっておくとどうなるか? たとえばダイヤモンドは、何となく透明感がなくなって、クォリティが数ランク落ちたように見えます。真珠などの有機質の宝石は、だんだん表面の光沢が褪せてしまいます。ゴールドやプラチナのチェーン類も、購入当時のキラキラピカピカした感じがなくなってしまいます。窓ガラスだって拭かずに汚れをそのままにして置いたら、いつかくすんでしまうでしょう? それと同じです。

ということで、ジュエリーケアの鉄則は「着けたら拭く」。時おり、汗の汚れを布で優しくぬぐいとってあげましょう。布は清潔でやわらかいものを使用しますが、眼鏡拭き用のクロスでもOK。ジュエリー専用のシリコンクロス(これだと糸くずがつきません)やセーム革(カメラの手入れにも使われます)を販売しているジュエリーショップも多いので、店頭で訊ねてみてもよいでしょう。

特にケアしてあげたいのは、真珠。1日着けたら、宝石箱にしまう前に必ず拭いてあげてください。真珠は鉱物ではなく、貝から生まれる有機質の宝石ですので、特に汗やコスメに対してはデリケートなのです。しっかり拭いて汚れを取り去っておくと、真珠の場合は“持ち”が全く違ってきますよ。

そして、ジュエリーケアの裏技は「ときどき洗う」。布で落としきれずにこびりついた汚れは、洗い落としてしまいましょう。台所用の液体洗剤をぬるま湯で薄め、そこにしばらく浸けて揺すってあげると、じんわりとアカのごときものが溶け出してきます。長年愛用しているチェーンなどがあったら、ぜひ今すぐ試してみてください。めまいがするほど汚れが浮いてくるはずです。

細かい部分や裏側にこびりついて取れない汚れは、洗剤をつけたリップブラシでこすってあげましょう。ただし、あらかじめリップブラシをよく洗って、口紅の油分を落としておくのをお忘れなく。ものの本に「歯ブラシで磨く」というケア方法がよく載っていますが、これはわたしはおすすめしません。細くてやわらかなリップブラシなら、素人でもジュエリーを傷つけずにキレイにすることができます。

Next≫≫

(Page : 1 2


ただし、何でもかんでも洗ってしまわないで。洗ってはいけない(水に浸けてはいけない)宝石もいくつかあるのです。たとえばターコイズは、表面に目に見えない孔がたくさん空いていますので、そこに液体がしみこむとシミになる可能性があります。

珊瑚、真珠、象牙、琥珀(こはく)、鼈甲(べっこう)などの有機質の宝石、ラピスラズリ、マラカイト、エメラルドも洗ってはいけません。オパール、ムーンストーンなどの弱い石も洗浄は避けるべきです。夏といえば海やプールといった水辺のリゾートに行く機会も増えますが、こんなときもしっかり気をつけておきましょう。

さて次に、どのくらいの頻度で洗えばいいか、ですが、だいたい20回くらい着けたら洗うのが一つの目安でしょうか。ダイヤモンド、ルビー、サファイア、アレキサンドライトなどの硬くて強い宝石、石の入っていないゴールドやプラチナ類は、もっと頻繁にじゃぶじゃぶ洗ってもOKです。

ケア方法がわからない宝石の場合は、お近くのジュエリーショップに訊ねてみてください。ジュエリー専用の洗浄液を販売しているショップも少なくありません。当サイトのリンク集「お手入れ・収納方法」もお役に立つはず。手軽なケア方法をしっかり学んで、夏のジュエリーの輝きを存分に楽しみましょう!

便利なミニガラスボウル。
最後に水洗いするのを忘れずに。
水滴はキッチンペーパーで
そっとぬぐい取ります。
じゃらじゃらと一度に数個入れると
キズがつく原因になるので、
なるべく単品で洗うこと。

洗ってはいけない宝石は、
ターコイズ、珊瑚、真珠、象牙、
琥珀、鼈甲、マラカイト、
ラピスラズリ、エメラルド、
オパール、ムーンストーンなど。
これらはそっと拭くだけにして。
(画像のジュエリーはすべて参考商品)

リンク集「お手入れ・収納方法」を見る ≫
トップページに戻る ≫

(Page : 1 2)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。