アニエスベーの秋冬コレクションは60年代のアイコン、
アンナ・カリーナがテーマ!


自由気ままに行動し、男性を魅了する。そんな「小悪魔」な女性に、誰しも憧れたことがあるはず。
フランス映画の偉大なる巨匠ジャン=リュック・ゴダールのミューズ、アンナ・カリーナはまさに小悪魔的な魅力の溢れた女優です。
彼女の「アンナ・カリーナ」という名前は、ココ・シャネルにつけてもらったものだということは有名な話。もちろん彼女のファッション性の高さは名前だけではありません。フェミニンなアイテムと男性的なアイテムをミックスした彼女の着こなしは今も私たちの目に新鮮に映るものばかり。

アニエスベー直筆メッセージ
アニエスベー本人が綴ったアンナ・カリーナとゴダール監督への想い
そんな60年代のアイコン、アンナ・カリーナをテーマとしたアイテムがこの秋アニエスベーより登場。魅惑的かつ独特の存在感に惹きつけられたアニエスベーは、手書きでこんなメッセージを綴っています。
「アンナ・カリーナ、あなたの才能、美しさ、ユーモア、優雅さ、ファンタジー、そしてその美しいデンマーク訛りに感謝します!映画と、ジャン=リュック・ゴダールが大好き!」


女性らしい魅力を表現するためのヒントに満ちたこの秋冬のアニエスベーのコレクションを早速ご紹介します!



女性らしいシルエットが魅力のキュートなスタイリング

アニエスベーのキュートなスタイリング
1961年「女は女である」より脚長効果があるアイテムバランスにも注目!
チェックのスカート:¥23,100(予定価格)


こちらは、1961年に公開された「女は女である」でのアンナ・カリーナをモチーフとした作品。この作品はゴダール監督初のカラー映画で、ハッピーな雰囲気が溢れる作品となっています。
原色の赤や青、白を使った鮮やかな色彩のアンナ・カリーナの衣装の中から、アニエスベーは赤のチェックのスカートを再現。コンパクトにまとめたトップスと、大きくフレアを描くスカートが女性らしいシルエットを描いています。
ジャストウエストで巻かれたベルトをニットの間から少しのぞかせるスタイリングも要チェック!腰の位置が高く見えて脚長効果抜群の、今すぐ取り入れたいテクニックです。

次のページではまばゆい赤のワンピースが登場!



赤がまぶしいワンピース

アニエスベーの赤がまぶしいワンピース
1965年「気狂いピエロ」より白肌に映える赤のワンピース
ニットのワンピース:¥39,900


続いては1965年に公開された「気狂いピエロ」より。この作品でアンナ・カリーナ演ずるマリアンヌが主人公フェルデナンを翻弄するその姿は、誰でも恋してしまうほどに魅力的です。
海の青や自然の緑、建物の黄色など原色の美しさが目に焼きつくフィルムにインスパイアされ再現されたドレスも、まぶしいばかりの赤!大きくとられた襟ぐりは鎖骨をきれいに見せてくれるので、ノーアクセで着こなすのが正解。袖のフリルは腕を細く、長く見せてくれています。白い肌に映えそうな赤のワンピースは、女性のキュートな部分を引き出してくれる仕上がりに。

次のページでは、アニエスベーお得意のミックスコーディネートをご紹介します!



健康的な魅力のミックスコーディネート

アニエスベーお得意のミックスコーディネート
1961年「女は女である」よりぜひ真似したいミックスコーディネート!
ブラトップ:¥15,750
スカート:¥50,400


こちらも1961年の「女は女である」での衣装を再現したコーディネート。フェミニンなブラトップとフレアースカートに、あえてマニッシュなジャケットと水兵帽を合わせるスタイリングは、この映画でのアンナ・カリーナのコミカルな魅力をたっぷりと表現しています。
ともするとセクシーになりすぎてしまうブラトップは、こんな風にジャケットと合わせることで健康的に。フェミニン×辛口アイテムのミックスは、今季マストのコーディネートです。

次のページでは、ポップな色使いが印象的なミニワンピースをお見せします!



ポップな色使いのミニワンピはハットではずしを加えて

アニエスベーが魅せるカラフルなミニワンピ
1965年「メイド・イン・U.S.A.」より今季注目のカラータイツを合わせた完成度の高いスタイリング
ニットのワンピース:¥42,000


続いては1965年に公開された「メイド・イン・U.S.A.」より。「メイド・イン・U.S.A.」はゴダール監督とアンナ・カリーナの最後のコラボレーションとなったサスペンスコメディです。その作品から生まれた、ポップな色使いのミニワンピースがこちら。
ミニ丈ワンピースにカラータイツを合わせるというスタイリングは、この秋に新たに登場したトレンドの一つ。こんな風に赤→ピンクのグラデーションでまとめれば、全身のバランスがとても良く見えます。キュートなだけで終わらずに黒のハットを合わせてはずす遊び心が、スタイリングの完成度を上げています。

次のページでは、フリルが美しいドレスが登場!



華奢な体には美しいフリルのボリュームを

アニエスベーのテクニックが光るフリルディティール
1965年「気狂いピエロ」よりドレッシーなワンピースをカジュアルダウン
シルクのワンピース:¥42,000(予定価格)


こちらも1965年の「気狂いピエロ」より。光沢感が美しいピンクのワンピースにシンプルなカーディガンを合わせたコーディネートです。
1枚ではドレッシーな雰囲気のワンピースも、シンプルな赤いカーディガンを羽織り、足元はぺたんこのバレエシューズでまとめればたちまちキュートな仕上がりに。フリルディティールがふんだんに盛り込まれたアイテムは、華奢な体に女性らしいボリュームを与えてくれる効果があります。

次のページでは、雰囲気が一転、クールな美しさを感じるワンピースをご紹介します。見逃せないキャンペーン情報も!



クールな魅力も含んだ繊細なレース使いのワンピース

アニエスベーの繊細なモノトーンワンピース
1965年「アルファヴィル」より繊細なレースが目を引きます
ジャージのワンピース:¥36,750


最後のルックスは1965年に公開された「アルファヴィル」の衣装より。この中のアンナ・カリーナは、冷ややかな表情で他作品とは違った美しさを見せています。モノクロームのスクリーンに繊細なレースやファーとブラックのコントラストが映えるファッションも印象的な作品です。
このワンピースはアンナ・カリーナが物語の後半で着用しているワンピースを再現したもの。白と黒のみのシンプルな色使いで作られたワンピースだから、レースの美しさに目が留まります。
そのシルエットやディティールはフェミニンなのに、どこかクールさを感じるワンピースです。「可愛い」だけで終わりたくない大人の女性にぜひ着こなしてほしいアイテム。



今回ご紹介したアイテムは、全国のアニエスベーブティックで9月12日より手にすることができます。

また、アニエスベーではこのコレクションの展開に合わせてアンナ・カリーナ主演のゴダール作品のリバイバル上映が行われます。日時など詳細は以下の通り。ゴダールファンにとってもまだゴダール作品を見ていない人にとっても、存分にその世界を堪能できるラインナップとなっています。

【日時】2007年9月22日(土)~2007年10月5日(金) 20:30~
【上映プログラム】「女は女である」「はなればなれに」「アルファヴィル」
【場所】シネマ・アンジェリカ(東京都渋谷区道玄坂1-18-3 フジビル37 B1F)
【TEL】03-5459-0581
【HP】http://www.gojyu.com
【料金】¥1,300

アニエスベーオリジナル布製バッグ
さらに9月22日(土)から10月5日(金)までの期間中、アニエスベーブティックでFEMMEの商品を21,000円以上買うと、こちらのオリジナル布製バッグがもらえます!この機会にアニエスベーのブティックへ足を運んで、女を上げる秋のスタートを切ってみてはいかが?

【お問い合わせ】
アニエスベー    TEL:03-6229-5850
サイト:http://www.agnesb.com
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。