裏技アイテム、「ジレ」で旬レイヤード!

ベスト
着回し力抜群のベスト(ジレ)!
先シーズンから人気がくベスト。この秋は、素材や形のバリエーションが充実し、さらにヒートアップしそう。 そう、呼び方も「ジレ」となり、新鮮度アップ! ジレ(gilet)とはフランス語でベストの事。名前ひとつでイメージが変わって感じられるから、ファッションは楽しい。

羽織るだけで旬レイヤードが完成するので、夏モードからイメージチェンジしたい秋にピッタリ。さっそく心ゆくまでジレの達人をご覧ください!

【CONTENTS】
Page 1:マスキュリン×フェミニン
Page 2:ゆるめボーイズ
Page 3:きちんとレイヤード
Page 4:クラシック×ボヘミアン
Page 5:リードする新生ファー

マスキュリン×フェミニンが交差

※写真をクリックすると、次の写真に進みます。


マニッシュオーラにフェミニンを交差した着こなしが今シーズンの鍵。そのお手本にふさわしい着こなしがこちら。ファッション誌常連のモデル&ミュージシャンのイリナ・ラザルヌ。Tシャツの上に白ジャケットをオン、さらにその上にベストを羽織っています。今季取り入れて欲しいテクが、アウターの上からのベルトマーク。このようにジャケット+ベストの上にウエストマークし、マスキュリンの中にも女性らしさを忍び込ませています。頭に巻いたリボンもボーホーシックで今季流。

※「ボーホー=BO-HO」とは、ボヘミアン(Bohemian)風スタイルと、オシャレなショッピングエリアとして有名なNYのSOHO(ソーホー)地区をミックスした造語。


次のページでは、ジレとスタッズアイテムの競演!


ゆるめボーイズに隠し技あり

※写真をクリックすると、次の写真に進みます。


そろそろ甘めファッションにお腹いっぱいになったのか、この秋冬ファッションはボーイズ気分が濃厚。そんな時にジレを一枚持っていれば、ボーイズなエッセンスが即・加味されるから見逃せない!リラックスTにロールアップ・デニムというゆるめファッションに、マスキュリンなジレをさらりと、まるでアクセサリーのように羽織っているのは、人気エディターケイト・ランフィアさん。もうひとつの裏技は、スタッズアイテムを降り注がせていること。ブレスレット、バッグ、シューズにスタッズを散りばめて。ダイナミックな表現が着こなしのスパイスになるスタッズアイテムはジレとの相性抜群です。


次のページでは、きちんと感で魅せる重ね着スタイル!


きちんと着こなすレイヤード

※写真をクリックすると、次の写真に進みます。


一枚で楽チンのワンピスタイルから一転、たくさんのアイテムで構成される単品コーディネートが秋のオシャレの筆頭格になります。そこで大活躍するのがやはりベスト。このように定番シャツにメンズライクなパンツという合わせに、シャープで切れ味のあるベストをプラスすれば、今季顔に変身します。フォルムが重要な今シーズンは、細身のIラインで魅せるニュープロポーションが注目されています。ウエストシェイプされたベストは、重ね着しているのにシャープに魅せることのできる魔法の小道具です。


次のページでは、クラシックにボヘミアンを投入!


クラシック×ボヘミアンの融合

※写真をクリックすると、次の写真に進みます。


「クラシック」が軸になるこの秋冬ファッション。甘さを控えめにしたメンズテイストをベースにしたパンツスタイルが取り入れやすい。こちらの写真では、ウエストのベルトでフェミニンを強調しています。そのままでも素敵ですが、「クラシック」をベースに、ボヘミアン、フォークロアなどのエッセンスを加えるテイストミックスが新トレンド。そこで、このようなジレを合わせれば、手軽にボヘミアン風をミックスできます。クラシック服を崩し、ハズしたスタイリングは参考になりそうです。


次のページでは、モードをリードする一押しファーのジレ!


スタイリングをリードする新生ファー

※写真をクリックすると、次の写真に進みます。


NYコレクションでも圧倒的なインパクトを放っていたのが、ファーのジレ。写真はNY発「BADGLEY MISCHKA(バッジェリー ミシュカ)」から。断然、今シーズン気分なマストアイテムです。ファーだけが持つ、温もりと柔らかさ、ゴージャスでリッチなイメージは女性にとって手放したくないもの。冬の勝負アイテムです。今シーズンはこのように袖のないスリーブレスにウエストマークが一押し。Iラインシルエットをつくりながら、ボリュームフォルムを取り入れた新生スタイルの完成です。首周りを彩るカラー・タートルネックも必須アイテムです。クラシックにボーホーシックを取り入れて!


ジレの着こなしスナップはいかがでしたか?このところあまりなじみの薄かったジレが今シーズン、大活躍するに違いありません。一枚は持っていたいところですね。最初はストールのような感覚で、着こなしに添えるようにして取り入れてみましょう。その後は、上からベルトでマークした着こなしにもチャレンジして、この秋のオシャレを大いに楽しんでみてください。


【関連記事】
一枚あると便利!ベストで最旬スタイル!
 

一枚あると便利!ベストで最旬スタイル!


ベルト1本で、メリハリ・スタイル美人!
 

ベルト1本で、メリハリ・スタイル美人!


フォークロアを狙え!ファー&レザー先買い
 

フォークロアを狙え!ファー&レザー先買い


ゆるモードなリアル服、NYブランドが熱い!
ゆるモードなリアル服、NYブランドが熱い!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。