春の装いの決め手、コンパクトジャケット!

ジップアップトレンチコートを大胆にカット
ジップアップのコンパクトジャケットを採り入れて、春夏のスポーツテイストを生かした仕上がりが完成。ハイウエストのエッグシルエットスカートと、クラシックなパンプスがエレガントなスタイルに。スポーツとエレガンスをミックスしたスタイルはぜひお手本にしたい。この秋冬も人気だったトレンチコートを大胆にカットしたようなデザインのショートジャケットは強烈な存在感アリ。このような五分丈や七分丈のジャケットを1枚持っていると、コーディネートにぐっと幅が出ます!レディーライクなシックな装いに、トラッドテイストの合わせが新鮮。


冬のコートを脱ぎ捨てて、春らしい装いにチェンジ! でも、まだ肌寒い時期に、ジャケットは最適のアウターです。特にコンパクトなショート系ジャケットは組み合わせの幅が広く、コーディネートが選べるうれしいアイテム。この春夏マストのワンピースをはじめ、チュニックやバギーパンツなどにも合うので、着回しに便利です。上半身ピッタリ系からAラインふんわり系、テーラード系、ブルゾン系と、様々なラインが出ています。さっそくコンパクトジャケットで春モードを一足早く取り入れて!

【CONTENTS】
  • Page 1:上半身をスッキリ魅せるコンパクトジャケット

  • Page 2:スタイリングを楽しむジャケット術


  • 半袖ジャケット
    ジグザグボーダーがモダンな、チュニック系のニット素材マイクロミニ・ワンピ。昨年末に「マイクロミニが来る!」と宣言した通り、この春夏はマイクロミニが来ています。これくらいのミニ丈を思いっきりはきこなしたい。鮮烈な柄を活かすには、半袖ジャケットを羽織って一気にニューバランスなスタイルに。半袖ジャケットは長袖インナーと重ねたときに腕が細く見える効果もアリ。


    ジャージー素材ミリタリージャケット
    ジャージー素材のコンパクトジャケットはカジュアルダウンさせるコーディネートに役立つアイテム。全体的にスッキリとしたペンシルライクなシルエットのニューレイヤードスタイルは着ヤセ感も!?ファッショニスタの間で秋冬、密かに人気だったミリタリージャケット。春先はこのようにメンズライクに着こなしてクールに!スッキリまとめたヘアスタイルでジャケットデザインをさらに際立たせて。


    種類が一段と豊富になってきたジャケットデザイン。あなたはどのタイプが好み!?次のページでは、テーラードジャケットから柄ジャケットまで、着こなしの幅が広がりそうなスタイリングをお見せします!

    スタイリングが楽しくなるジャケットコーディネート

    柄ジャケットタキシードジャケットを変形
    スタイリングが難しい柄ジャケットを着こなすコツは、シンプルにまとめること。こちらはインナーにヌーディーなカットソーを着用。素肌のトーンを生かした色合わせの勝利。まるで素肌に直接羽織ったように見せて、ジャケットだけを目立たせています。タキシードジャケットを変形させたようなデザインが目を引くコンパクトジャケット。この春マストのふんわり花柄ワンピの上に羽織るのに最強のバランス。上半身が華奢に見えます。ヌーディーなトングのサンダルを履いて、アーバンリゾート風の仕上がりに。


    コンパクトジャケットは合わせが難しそうな印象がありましたが、バリエーションが広がってきたおかげで、春のスタイリングには大いに活用できそうです。特にボリュームのあるミニドレスやスカート、チュニック系の上に羽織ると、上半身が着ヤセして見えるし、ボレロで合わせるよりも大人っぽい印象に見えます。最近、ネクストジーンズとして注目されている、幅広のバギージーンズボーイフレンドジーンズ(彼のジーンズを借りてはいたようなルーズなシルエット)にも、上半身のコントラストを演出できるコンパクトジャケットはベストマッチです。

    ジオメトリック(幾何学)柄
    この春夏NO.1人気の白のマイクロミニドレス。それに注目度大のジオメトリック(幾何学)柄を取り入れています。ジオメトリック柄ジャケットをチョイスするあたりはさすがおしゃれ上級者。しかも、この春に必ず手に入れたいフューチャー系メタリックシルバーのバレエシューズで合わせるという最強のスタイリング


    シャツカラータイプテーラード風
    シャツカラータイプのジャケットです。シャープなウエストラインがより腰周りの細さを強調。Tシャツの重ね着に、ロールアップしたデニム、ローファーというメンズライクな合わせですが、このジャケット1枚でイマドキ・モードに!かっちりとしたテーラード風のジャケットをキレイめロックな着こなしでクールに魅せています。マイクロミニのバルーンスカートに合わせたのはアンクルブーツ。トレンドアイテムを自己流にアレンジする着想はセンスが光る。上から下まで黒一色で、ロックテイストのTシャツにだけ白を使うモノトーンの合わせがウィットフル


    皆さんはどのスタイリングが気になりましたか!? ガイドが注目しているのは、五分袖、七分袖のクロップトジャケットです。いよいよ本格的に冬から春の装いが変わる時期ですね。定番のスプリングコートも素敵だけど、春のスパイスとして、コンパクトジャケットはいかが!? 新しい春にふさわしいニューバランスを楽しめるハズです。

    ※記事の更新やニューヨークファッション情報満載のコラムをガイドメルマガにてお知らせします。
    登録はこちらから。

    【関連記事】
    【速報】クラシック熱!秋冬NYコレクション
    足首キュッ!人気のレギンスを徹底分析
    脚細っ、長っ!に化ける、ジーンズ着こなし
    自信100%のオフィスファッション 9例

    【最新記事】
    ワンピを極める!高島屋の大人ミニドレス
    ショップスタッフから盗む!春の着こなし技
    脚長&小顔ドールになれる、ミニワンピ秘訣
    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。