過去と未来を行き来する特権、ヴィンテージ

皆さん、ヴィンテージ(年代物)や古着など、新品ではない服に興味がありますか!? 誰が着たかわからない、古い、扱いにくそう……などとネガティブにとらえている人が少なくないかもしれません。
1930年代
マカロンを思わせる淡いピンクの、フワフワ感が春らしいボレロ。昔の女性が夜寝る前に髪の毛をとかすとき、寝間着の上に羽織ったものだそうです。こんな手の込んだ仕事の服は今ではもう入手困難でしょう。
NYで買い付けた1930年代の物・ブランド不明。 ボレロ 72,450円/Optitude AOYAMA


でも、実はとても使い勝手に優れ、着こなしの幅を広げてくれる、ファッション価値の高い存在なのです。

実は、ファッションデザイナーはヴィンテージからインスパイアされて、最新のコレクションを発表しているケースが珍しくないのです。

ビッグメゾンを任されたデザイナーは必ず過去のアーカイブ(歴史的作品群)をヒントに新作を生み出します。ヴィンテージにはそのブランドの歴史が刻まれているからです。

それだけ大事にされているヴィンテージの魅力はどこにあるのでしょうか!?


【CONTENTS】
  • Page 1:過去と未来を行き来する、ヴィンテージの魅力

  • Page 2:ヴィンテージを購入するときの心得

  • Page 3:将来のヴィンテージを演出



  • コーディネート
    昔の人はこの羽織物をアウター(外着)としては使わなかったようですが、今ならアウターのボレロとして使わない手はありません。重ね着のコーディネートが楽しめるアイテムです。ヴィンテージならではの繊細な仕上げや珍しい素材感が愛らしさと気品をまとわせています。この春夏の人気アイテムとなっている白のミニドレスで合わせれば、さらに可憐な装いに! 
    ワンピース 50,400円/LyricisM
    現代では大量生産で服を作るのが当たり前。工場で作るので、それだけ値段もリーズナブル。ワンシーズン着られれば十分という買いやすい服も多くなっています。

    それはそれで、とても便利なのですが、昔は違いました。大半の服は手仕事で縫い上げられていました。

    そのおかげで、細かい仕立てに手が込んでいます。大量生産を前提にしていないので、生地やボタンなどの素材も念入りに選ばれています。

    着る個人をあらかじめ想定して仕立てた服も多く、作り手の気持ちが込められています。


    ボタンかがり一つ取っても、機械作業ではできないような手作業ならではの丁寧さが見て取れます。お針子さんの技のたまものです。こうしたハンドメードは「手の届くオートクチュール」と呼べるほどです。
    過去に誰かが大切に着た服は今ではそれ1点しかない究極のレア物。愛着を込めて大事に扱われた服には自然と人の手を経た温かみが備わるもの。大勢のデザイナーがヴィンテージからインスパイア(触発)されて新作を発表しているのも、こういったモノへの愛情、過去の作り手へのリスペクト、着てくれる人とのつながりを大事にしたいと考えているからでしょう。

    LyricisM
    小さなお花が全身に咲き誇っているかのような、立体感たっぷりのミニドレス。まるで映画「マリー・アントワネット」の世界に出てきそうなパステルトーンのスウィーツカラーが春の気分を浮き立たせます。一つ一つのフリルを、細かいシャーリング作業で完成させました。妖精か天使を思わせる甘さと、可憐ではかないたたずまいは女性の内面を象徴しているかのようです。ネオ・ロマンティックな気分で着てみたい。 ミニドレス 102,900円 グラディエター(剣闘士)ブーツ 29,400円 
    LyricisM 2007春夏コレクションより


    まだまだ、ヴィンテージの魅了は続きます。次のページでは、ヴィンテージや古着を購入するときの心得をお教えします。3つのポイントを知っておけばもう大丈夫!

    ヴィンテージを購入するときの心得

    1930年代
    カフタン風ブラウスのようですが、袖をカットして軽やかに仕立てたシャツ。ギンガムチェックっぽい格子柄がメンズライク。エアリー感のあるビッグシルエット。チュニック風に着てみたくなるデザインです。NYで買い付けた年代不明・ブランド不明。 マドラスチェックシャツ 47,250円/Optitude AOYAMA
    誰かが大切に着た品を、今の私たちが引き継いでいく。時空を超越した、さびないモノ、それがヴィンテージ

    ヴィンテージとして流通しているという事実それ自体がその服が時間という試験に受かって、価値を認められたことを証明しているわけです。

    フリーマーケットやヴィンテージショップでは、その時の流行やトレンドに関係なく、売り物と出会うことができます。

    頼りは自分の感覚だけ。まるで宝探しの気分です。


    コーディネート
    ナチュラルテイストのワンピースの上から、シャツをざっくりと合わせてみました。リラックスした装いが今の気分です。ウエストの上から太めのベルトでマークすれば、フィット&フレアーなボリュームの変化を演出できます。 
    ワンピース 36,750円/LyricisM
    ガイドもヴィンテージが大好きで、NYではヴィンテージショップめぐりを欠かしません。私に買われるためにそこにあったかのような奇蹟のめぐり会いは感動物です。

    埋もれていた宝物を、また現代風に生まれ変わらせるコーディネートにチャレンジできる

    そんな運命的な出会いをもたらせてくれるヴィンテージや古着の着こなしに挑戦してみたいのなら、まず最初は単品からトライしてみましょう。いきなりヴィンテージ物での全身コーディネートはかえって野暮ったくなってしまって難しいからです。


    ヴィンテージや古着を購入するときのポイントは!?

    ■肩幅・袖丈・ウエスト・着丈にご注意
    昔の服は現代と違って、きっちり号数でサイズをそろえているわけではありません。一点物でステキだなと思っても、試着してみると、意外にサイズが合わなかったという場合が多いので、試着は必ず。サイズがピッタリ合う品はめったにないので、多少サイズが合わなくても、コーディネートでアレンジするぐらいの覚悟が必要。

    ■多少の痛みは納得ずくで
    生地がほつれていたり、汚れがあったり、ボタンが取れてしまっていないかなどは必ず確認しましょう。昔の品ですから、少しくらい状態が良くない部分があるのは仕方のない事と納得した上で購入することが大事。もちろん、納得できないトラブルがあれば、我慢する必要はありません。

    ■手持ちアイテムとコーディネートできるか
    今、自分が持っているワードローブとうまくコーディネートできるかは、店頭の品定めの時点で考えておきたいところ。ブランド物の服やカジュアルなデニムに合わせて着るとまとまりやすい。「私流」ファッションが生まれます。例えば、今シーズンなら春夏トレンドのマイクロミニやバギーパンツなどに合わせられる物などはオススメ。

    LyricisM
    白のミニドレスはこの春夏のキラーアイテム。こちらのワンピースもアンティーク調のレーストリミングと、洗い込んだようなコットン素材がヴィンテージテイスト。飾らない風合いのコットン素材の白ワンピをデイリーに着こなしたい。 ワンピース 54,600円 
    LyricisM 2007春夏コレクションより


    いかかでしょうか!?次のページでは、ヴィンテージを愛するデザイナーがデザインする東京コレクション参加ブランド「LyricisM(リリシズム)」の魅力をご紹介します!

    今のヴィンテージと将来のヴィンテージを演出

    今回ご紹介した、ヴィンテージのアイテムはいずれもNYで買い付けた商品。もちろんすべて1点物の貴重アイテムです。
    1920年代
    コンパクトなベストは今のトレンドアイテムの一つ。こちらはさすがに年代物らしいジャカードの素材と丸みのある襟のカッティングがクラシックです。旬な着こなしに使えそうな1着です。NYで買い付けた1920年代物・ブランド不明。 ベスト 47,250円/Optitude AOYAMA


    バイイングを行うのはディレクターの佐々木真由美さん。佐々木さんは根っからのヴィンテージ好きを生かして、NYをはじめ、世界各地でヴィンテージを買い付け、ショップで展開しています。

    佐々木さんがクリエイティブディレクターである東京コレクション参加ブランド「LyricisM(リリシズム)」は2006年春夏にセンセーショナルにデビューし、毎回評価を高めています。何度も洗いをかけたり、異素材を使ったりと、素材に手を掛けて創り上げている点で、東コレでも異彩を放っています。


    コーディネート
    ハンガーにかけているとメンズライクなのに、実際に着てみると、まるでコルセットのように、ボディにピッタリ沿うフェミニンなシルエットが現れる不思議なベストです。あえてインナーは何度も洗いをかけたカットソーで崩してみました。 カットソー 16,800円 
    キュロット 29,400円/LyricisM
    「LyricisM(リリシズム)」とは、古代メソポタミアやギリシャなどで用いられた「リラ」という楽器の響きから生まれた言葉です。

    詩人や画家のように、魂の赴くままにひたすら美しいと感じるものだけをデザインしているのがブランドコンセプトです。

    今回のコレクションは、「アンネの日記」のサウンドトラックからインスパイアされました。1人の女性が持つ二面性(=少女と大人)を内面から描き出しています。抑圧された状況の中でも、生きている限り常に明日に前進していく女性美を表しているかのようです。


    LyricisM
    得意なレイヤードスタイルはあくまでもエレガントにまとめています。くだけた感じのタキシード風ジャケットに、可憐な花柄プリントのワンピース、リラックス感あるジッパーパンツと、それぞれ異なるテイストを組み合わせ、奥行きのあるミックススタイルにまとめ上げました。 ジャケット 44,100円 ワンピース 37,800円 
    パンツ 30,450円 
    LyricisM 2007春夏コレクションより


    プレスの川口さん
    「LyricisM(リリシズム)」の春夏新作をさらりと着こなす、プレスの川口真貴子さんはナチュラルでいながらエッジの効いた着こなしがお得意。ルーズな起毛ロングカーデ+写真上のコレクションのジッパーパンツ+フェミニンなパンプスでリラックス・モード
    ご紹介したヴィンテージアイテムや「LyricisM(リリシズム)」のアイテムはセレクトショップ「Optitude(オプティチュード)」で販売しています。

    「良い物とはなにか?」を追求するショップ思想は、普遍的な価値を大事にする「ヴィンテージ」に通じています。

    将来のヴィンテージになるような、世代を超えて人々に愛されるアイテムをセレクトしています。

    そのほかにも、インポート物やオリジナル商品などが充実しています。



    ショップ外観
    Optitude AOYAMA ショップ外観
    東京・青山の「ガラスのエリア」と言われている場所にあり、周りはレストランやショップが軒を連ねています。

    ガラス越しに射し込んでくる自然光と風を感じながらリラックスしてショッピングが楽しめるショップと言えるでしょう。


    【取材協力】
    店舗  Optitude AOYAMA
    住所  東京都港区南青山5-4-41 グラッセリア青山
    電話  03-5468-2651
    URL   www.optitude.com

    ※記事の更新やニューヨークファッション情報満載のコラムをガイドメルマガにてお知らせします。
    登録はこちらから。

    【関連記事】
    おしゃれ通ならヴィンテージめぐりでしょ!
    有名デザイナーも通う NYフリーマーケットへGO!

    【最新記事】
    上半身ピタッ!着痩せジャケットの秘密
    【速報】クラシック熱!秋冬NYコレクション
    ワンピを極める!高島屋の大人ミニドレス
    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。