パトリシア・フィールドが来日!新生「DKNY」はクラブスタイル

NYのキャリア女性から絶大な支持を受けている女性デザイナー、ダナ・キャラン(Donna Karan)氏のセカンドライン、「DKNY」が大変身を始めました。これまでの比較的スポーティーなカジュアル路線から一変し、セクシー路線に変わりました。

クラブスタイルのイベント
会場は青山の「Belours」でクラブスタイルのイベントで盛り上がりました。
米国で大ヒットしたテレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ(Sex and the City)」の衣装を担当した有名スタイリスト、パトリシア・フィールド(Patricia Field)氏をブランドのコーディネーターに迎えました。フィールド氏が来日し、新しく生まれ変わった「DKNY」の披露イベントが開かれた際の写真を、今回はご紹介します。

展示会ではマネキンに服を着せ、どんな女性にも合わせられるというスタイリストのテクニックをアピールしています。

マネキンのヘアセット、メーキャップ
マネキンのヘアセット、メーキャップを手がけたのは、東京・表参道のヘアサロン「AST(エスト)」を率いるヘアメークアーティストの丁官卓氏。
襟の縁にキラキラ輝くトリムをあしらったグレーのジャケット(写真左)のインナーはシースルーのブラウス、ネックレスを垂らし、ヘアスタイルもゴージャス系でセクシー。
チェック柄のショートジャケット(写真右)も胸元を強調。ゴツめのロングネックレスを垂らしています。ボトムはレース柄のフレアースカート。これだけを見ても、旧「DKNY」とはガラリとイメージか変わったことが分かります。


【CONTENTS】
  • Page 1:新生「DKNY」はクラブスタイル

  • Page 2:「ラグジュアリー&カジュアル」「ハイ&ロー」ミックスコーディネート

  • Page 3:パトリシア・フィールド流、個性派ベルトでコーディネート


  • 次のページからは新「DKNY」が提案するスタイリング一挙大公開します。参考になりそうなスタイリングがたくさんありました。
    必見です!

    「ラグジュアリー&カジュアル」「ハイ&ロー」のミックスコーディネート

    3体のマネキン
    ポーズも着こなしも異なる3体のマネキンは人間そのもの。
    光沢たっぷりなゴールドのスカート(写真左)はカジュアルなカットソーとステッチ使いのジャケットとの合わせ。写真中央のマネキンはジャケットの幅広の襟が目を引きます。袖はひじまでまくり上げてカジュアルに演出。写真右の女性はタイトめのレザージャケットにサーキュラー風のロングスカートに足元はブーツ。髪はスーパーボリューミーに仕上げてあります。
    「ラグジュアリー&カジュアル」を上手に演出しています。

    男女のマネキン
    人間と間違えるほど!こんな風に男女が囁き合っている姿もクラブでよくある光景。
    全身にゴールドのラメが入ったゴージャス感あふれるブラウス風ジャケット。チラリと覗くネックレスも華やか。やや高めのウエスト位置に巻いたリボンベルトが新鮮!

    男性に囲まれた女性マネキン
    会話を楽しんでいる姿はマネキンとは思えないほど。
    ツルツル感のあるショートジャッケットに、レースを2枚重ねにした動きのあるヘムラインのロングスカートです。同系色のジャケットとスカートでも異素材のものを組み合わせるところはさすが上級テク。

    ベルトがポイント
    今年はベルト使いに注目!
    中央に並んだ女性のマネキン2体はどちらもウエストベルトが効いています。今年は太めのチャンピオンベルトが流行りそうですが、お手持ちのベルトでも大丈夫。インナーの上から腰高の位置に巻くのがコツ。足を長く、ウエストを細く見せてくれます。中央右側は首に巻いたチョーカー風のリボンとネックレスの重ね着けがポイントです。


    次のページではパトリシア・フィールド流、個性派ベルトのコーディネートを魅せます!

    パトリシア・フィールド流、個性派ベルトでコーディネートの差を付ける

    ベルト1
    お魚のようなモチーフベルトが個性的。
    カットソーの上にベルトを巻いています。ラフな感じのカットソーに、パンチの効いたモチーフ柄ベルトをオン。ワイルド感を出しています。

    ベルト2
    ゴージャスなベルトをカジュアルなTシャツの上からオン。
    こちらもカットソーに目もくらむようなゴールドのベルトをマッチングしています。バックルもゴールドでゴツめ。スカートまでブリリアントゴールドで、ハードな押し出しです。ただし、トップスはデニムジャケットという「ラグジュアリー&カジュアル」「ハイ&ロー」のフィールド流コーディネート術です。

    ネックレスとベルト
    ネックレスとベルトの重ね付けでゴージャス度アップ。
    長めのネックレスをジャラジャラと何本も重ね着け。色も素材も長さも異なるネックレスを組み合わせるのがポイントです。長めのネックレスは今年は必需品。このマネキンもベルトでウエストをキュッと引き締めています。

    チャンピオンベルト
    ニューヨーカーのとってはサングラスもアクセサリーの一部。
    写真左のマネキンでは、幅が20センチもありそうなベルトに目を奪われます。ベルトが流行しそうな今年、上級者はチャンピオンベルト級の太めのベルトにトライしてみては!?
    写真右は全身ピカピカ。シャンパンの泡のように輝くコートに、スパンコール付きのヘッドキャップ、手袋、ジャイアントブレスレット、そして細身のベルト、クラブ風スタイルの完成です。

    パトリシア・フィールド
    パトリシア・フィールド氏の美しい赤髪にうっとり。
    今回、私はイベントのお手伝いとして参加しました。フィールド氏と記念撮影させてもらったツーショットです。

    フィールド氏ほど大胆な組み合わせは難しくても、自由な発想のスタイリングはまねしたいところ。ニューヨーカーは流行に流されず、自分のスタイルを自由にセルフプロデュースし、一人一人が「自由の女神」みたいです。新「DKNY」はそんな自由なスタイリングを重視しています。
    「ラグジュアリー&カジュアル」「ハイ&ロー」のミックスコーディネートは、手持ちのワードローブを何倍にも生かす魔法の着回し術と言えます。早速、たんすの中に眠っているアイテムを引っ張り出して、ミックステイストにチャレンジしてみませんか!


    今回ご紹介したパトリシア・フィールド(Patricia Field)については、「セックス&ザ・シティ」スタイリストのパトリシア・フィールド氏の「DKNY」で詳しくご紹介しています。こちらもご参考にしてください。

    ※記事の更新やニューヨークファッション情報満載のコラムをメルマガにてお知らせします。
    登録はこちらから。


    【関連記事】
    「セックス&ザ・シティ」スタイリストのパトリシア・フィールド氏の「DKNY」
    「キモカワ」に挑戦!?ジェレミー・スコットを着こなす
    旬ジャケットで即トレンド!NY流大人の着まわしテク
    NYファッションが変わってきた!最新NYスタイルの傾向とは?
    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。