前へ
右の配色例のように、セパレーションカラーを取り入れると、肌色もイエローグリーンも、明るく澄んだ印象になります。
次へ

右の配色例のように、セパレーションカラーを取り入れると、肌色もイエローグリーンも、明るく澄んだ印象になります。

ほかのギャラリーを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。