イメージコントロールの決め手、澄んだ色と濁った色

明るく澄んだ色のことを明清色(めいせいしょく)、濁った色のことを濁色(だくしょく)、暗くて澄んだ色のことを暗清色(あんせいしょく)といいます。

明るく澄んだ色のことを明清色(めいせいしょく)、濁った色のことを濁色(だくしょく)、暗くて澄んだ色のことを暗清色(あんせいしょく)といいます。

明るさや鮮やかさの他に、澄んだ、濁ったという言葉もよく耳にすると思います。色彩学では、澄んだ色のことを清色(せいしょく)、濁った色のことを濁色(だくしょく)、あるいは、中間色といいます。清色は、明清色(めいせいしょく)暗清色(あんせいしょく)に分類されます。

■明るく軽やかな明清色
明るく軽やかな明清色

明るく軽やかな明清色

絵の具の混色を思い出してみてください。例えば、赤い絵の具に白い絵の具を混ぜると、きれいなピンク色ができます。このように純色に白を混ぜると、明るさが増して色みの量は少なくなります。しかし、元の色みは澄んだまま残っているので、明清色といいます。明るく軽やかなイメージが特徴です。

 

■クラシック&ダンディな暗清色

クラシック&ダンディな暗清色

クラシック&ダンディな暗清色

赤い絵の具に黒い絵の具を混ぜると、マホガニーのような深みのある赤茶色になります。このように純色に黒を混ぜると、暗さが増して色みの量は少なくなります。しかし、元の色みは澄んだまま残っているので、暗清色といいます。クラシックで男性的なイメージが特徴です。

 

■シック&ナチュラルな濁色
シック&ナチュラルな濁色

シック&ナチュラルな濁色

赤い絵の具に白い絵の具と黒い絵の具、つまりグレーを混ぜると、ローズグレーのようなくすんだ色ができます。このように純色に白と黒を混ぜると元の色みが濁るので、濁色、あるいは、中間色といいます。一見地味な印象ですが、素材やデザインの選び方で、シックなイメージやナチュラルなイメージを出せるのが特徴です。

 

パーソナルカラーとの関係

パーソナルカラーとは、似合う色や苦手な色の傾向を把握して、個性やライフスタイルに合ったスタイリングを考えていくものです。例えば、一見地味な印象の濁色を着ると、華やかさや上品さが出て、肌の調子が滑らかに整って見える方は、オータムタイプかサマータイプの要素があると考えられます。

関連記事で、パーソナルカラーの簡易診断と4つの基本タイプの似合う色と苦手な色の傾向を紹介していますので、参考になさってくださいね。

【関連記事】
20秒で診断!パーソナルカラー(似合う色)診断 女性編
パーソナルカラー診断 スプリング(春)タイプ 女性編
パーソナルカラー診断 サマー(夏)タイプ 女性編
パーソナルカラー診断 オータム(秋)タイプ 女性編
パーソナルカラー診断 ウィンター(冬)タイプ 女性編

20秒で診断!パーソナルカラー(似合う色)診断 男性編
パーソナルカラー診断 スプリング(春)タイプ 男性編
パーソナルカラー診断 サマー(夏)タイプ 男性編
パーソナルカラー診断 オータム(秋)タイプ 男性編
パーソナルカラー診断 ウィンター(冬)タイプ 男性編

※色はあくまで目安です。ブラウザやディスプレイによって、見え方が異なります。





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。