横浜開港150周年記念「ヨコハマ開港とシルク展」


鴇田章さんコレクション
平成21年8月30日まで開催されています
横浜開港150周年記念として、横浜のシルク博物館で「ヨコハマ開港とシルク展」が開催されています。1859年横浜開港後、シルクは日本の重要な輸出品として、欧米の国々に輸出されました。

「ヨコハマ開港とシルク展」では、シルク輸出の歴史資料とともに、「ルーズソックス」の仕掛け人である鴇田章さんのアンティークストッキングのコレクションも展示されています。

今回は「ヨコハマ開港とシルク展」から「アンティーク ストッキング・・・シルクで彩る脚元の美学」より、鴇田さんの1800年代前後のアンティークストッキングとともにストッキングの歴史を紹介します。

〔CONTENTS〕
Page2:・「ルーズソックス」の仕掛け人鴇田章さん
Page3:・最初の絹のストッキングの愛用者はヘンリー8世
Page4:・エリザベス女王が広めた脚元の華麗なお洒落

「ルーズソックス」の仕掛け人鴇田章さん

鴇田章さんコレクション
オールアバウトの記事でお洒落なストッキングやタイツのブランドとして紹介してきた「ブロンドール」、初代社長の鴇田章さん(現:エークロッシング プランニングディレクター)は、「ルーズソックス」を発案し日本の女子高生に広めたことで有名です。瞬く間に全国の女性高校生に広がった「ルーズソックス」は96年の新語流行語大賞に選ばれましたね。
鴇田章さんコレクション
「ルーズソックス」の仕掛け人鴇田章さん
鴇田さんとアンティークストッキングの出会いは、「ブロンドール」創業から2年たった頃、偶然立ち寄った京都の西洋骨董店で、フランスで約160年前に作られたというエメラルドグリーンのシルクストッキングを見つけたときから始まりました。
鴇田章さんコレクション
京都の骨董店で見つけたシルクストッキング サイド麦の穂刺繍ストッキング(19世紀中頃~末期・フランス)

「今の靴下は一足数百円で売られ、破れたら捨てられる。こんなにキレイな状態で、現在まで残り続けているなんて・・・」それから集めたアンティークスットキング、今ではコレクションは1000点に上るそうです。現在は長野県の上田市に移り住み、長年の夢だったアンティークストッキングの研究に取り組んでいらっしゃいます。

次のページでは、最初の絹のストッキングの愛用者はヘンリー8世を紹介します!

最初の絹のストッキングの愛用者はヘンリー8世

1589年ウィリアム・リーによって「足踏みの靴下編機」が発明されるまで、ストッキングはすべて手編みで作られていました。はき心地のよい絹のストッキングは、英国のヘンリー8世に愛用され、プレゼントにもよく用いられたそうです。
鴇田章さんコレクション
フロント刺繍ストッキング(19世紀初頭・フランス)
編まれた靴下を「ストッキング」と呼ぶようになったのは、アングロサクソン語の「ストック(木の枝)」が語源であるといわれており、木の編み棒で編んでいたためといわれています。
鴇田章さんコレクション
フロントレース編み込みストッキング(19世紀中頃~末期・フランス)


最初ストッキングは男性のはきものだった!

鴇田章さんコレクション
当時の男性の服装は、ゆったりとした膝丈くらいのガウンの下にスカート風のボトムをはき、脚の脚線を見せる「靴下ズボン(バ・ド・ショーズ)」という靴下兼用ズボンをはいていました。膝から下の脚線をあらわにしていたことで、ストッキングは実は男性のはきものだったのです。

次のページでは、エリザベス女王が広めた脚元の華麗なお洒落を紹介します!

エリザベス女王が広めた脚元の華麗なお洒落

ヘンリー8世の娘エリザベス1世も父と同様に「絹のストッキング」を愛用し、特にダンス好きだったエリザベス女王は、宮廷の舞踏会で華やかに装飾された絹のストッキングで脚元をお洒落したのです。
鴇田章さんコレクション
カラー切替フロント花刺繍ストッキング(19世紀末・フランス)
エリザベス女王は、舞踏会のコントラダンスで高くジャンプする時に、自慢の絹のストッキングに施した豪華な刺繍や、カラフルなガーターリボンを意識して見えるように跳んだといわれ、当時の女性たちに華麗な絹のストッキングで脚元のお洒落を広めたのです。

スパングル刺繍のアンティークストッキング


鴇田章さんコレクション
スパングル刺繍のアンティークストッキング(18世紀・フランス)
写真のスパングル刺繍のアンティークストッキングは、18世紀頃の宮廷の華やかな席に、礼服とのコーディネイトで着用されたものです。きれいなスパングルを重ねながら、丁寧に一目一目刺繍されたもので、オフホワイトが紳士用でブラックが女性用です。当時の華やかな宮廷の衣装に欠かすことができないのがシルクのストッキングだったのですね。

今私達が、いろいろなストッキングやタイツのお洒落が楽しめるのは、ヨーロッパの宮廷文化が華やかな時代に、手編みのシルクのストッキングで、女性たちが脚元のお洒落を楽しんだ歴史があったからなのですね。

「ヨコハマ開港とシルク展」平成21年8月30日まで開催
 開催時間:午前9時~午後4時30分(入館は4時まで)
 毎週月曜日休館ただし7月20日(月)開館・21日(火)休館
シルク博物館のホームページ

ブロンドール株式会社 Tel:03-3423-6789
ブロンドール株式会社のホームページ

【関連記事】
ブロンドール

・大ヒット!ジーンズ感覚のデニムレギンス


透け肌チラ見せ

・透け肌、チラ見せOK!セクシーな女に挑戦


aubadeガーター

・官能のガーター&ストッキング

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。