“スターの靴職人”として、オードリー・ヘップバーンやマリリン・モンロー、キャサリン・ヘップバーンといった多くの女優たちに愛されてきた「サルヴァトーレ フェラガモ」。当時のセレブリティたちが見につけていたものにインスパイアされたゴージャスシューズが、映画『オーストラリア』の中で沢山登場します。ニコール・キッドマンのエレガントスタイルをたっぷりお楽しみください!

【CONTENTS】
・Page1:セレブマダムになれる!ネイビー×アイボリーのコンサバルック!
・Page2:ヒロインになれる!チャイナドレス×ベルベットサンダル!
・Page3:キャリアウーマンになれる!ボウタイシャツ×レースアップシューズ!
・Page4:アクティブになれる!レディなジョッキーブーツ!

誰もがセレブマダムになれる!ネイビー×アイボリーのコンサバルック!


「オーストラリア」
淑女ルックのお手本にしたいフェミニンルック。舞台背景は1930年~40年代。イギリス貴族のレディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)が、未開の荒れた土地が広がるオーストラリアに、セレブなマダムルックで登場する印象的なシーンです。(C) 2008 TWENTIETH CENTURY FOX

ニコール・キッドマン×ヒュー・ジャックマンの『オーストラリア』。みなさんは、もうご覧になりましたか。素晴らしい大自然、アボリジニの教え、エピックロマンスなど、この映画の見どころは沢山ありますが、やはり見逃せないのは、ニコール・キッドマンの華やかな衣装の数々です!『ムーラン・ルージュ』や「シャネル」の香水“No.5”等のCMで、ニコールの美しい姿をカメラに収めてきたバズ・ラーマン監督との再タッグですから、ファッショナブルさはお墨付きですよ。

「フェラガモ」シューズ
フェラガモを愛用していたフィンザー公爵夫人のために作られたモデルからインスパイアされたパンプス。今回、ニコール・キッドマンのために特別に制作されたシューズです。

『オーストラリア』の中でニコールが魅せるシューズ&グローブは、あの「フェラガモ」のもの。アイボリーとネイビーのスーツにコーディネートされたツートンカラーのパンプスは、いかにも「フェラガモ」らしいアイテムです。スーツとフェラガモパンプスでお出かけすれば、誰もがセレブマダムに近づけます。

次のページは、ニコール・キッドマンのチャイナ風パーティースタイルをお届けします!

誰もがヒロインになれる!チャイナドレス×ベルベットサンダル!


「オーストラリア」
舞踏会のシーンでは、チャイナ風ロングドレスで登場したニコール・キッドマン。ヒュー・ジャックマンとのダンスシーンは感動的です。(C) 2008 TWENTIETH CENTURY FOX

『オーストラリア』の中で、ニコール・キッドマンが着用する靴と手袋は、基本的にすべて「フェラガモ」のもの。デザインチームは、この映画で衣装デザインを担当したキャサリン・マーティンと協力し、「フェラガモ」のアーカイヴから厳選した靴のモデルを参考にアイディアを探りました。アーカイヴの中には、キッドマン演じるレディ・サラ・アシュレイのような当時の貴族が実際に着用したものも含まれています。こうして出来上がった“レディ・サラ”のシューズコレクション。レディスのレザープロダクト及びシューズ部門のディレクターであるジェームス・フェラガモ氏にとって最も思い入れがあるのは、ダーウィンの舞踏会シーンで披露したイブニング・サンダルなのだそう。ニコール・キッドマンは、チャイナ風の花柄が美しいレッドドレスとコーディネートしています。

「フェラガモ」シューズ
パーティードレスとのコーディネートは、エレガントなベルベットサンダルで!30年代にフェラガモが用いた斬新なガルーシャ素材が蘇りました!

グレイカラーのベルベット素材のサンダル。ベルベットにプリーツを施し、Tストラップとヒール部分にはガルーシャ(エイ革)を用いた魅惑的なデザインで、表面にビーズを敷きつめたようなガルーシャ独特の光沢が美しいです。ボールルームのシーンで、ニコール・キッドマンの真紅のロングドレスにコーディネートされました。

「レディ・サラ」
『オーストラリア』の公開を記念して作られたフェラガモの限定シューズ、「レディ・サラ」。こちらは、レッドカラー:15,0150円/銀座本店、梅田本店、阪急百貨店にて、2009年1月28
日発売。赤・黒の2色展開で、各10足の限定品です。(限定発売のため、品切れの際はご容赦ください。)

こちらは、ニコールが舞踏会で着用したドレス姿にインスパイアされて作られた限定サンダル。ニコールが演じている英国貴族レディ・サラ・アシュレイに因んで、「レディ・サラ」と名づけられています。ベルベットを使用したドレープとピープ・トゥが美しく、ガルーシャを用いたアンクル・ストラップで、グラマラスかつセンシャルに仕上げられたゴージャスなサンダルです。

次は、キャリアを感じさせるニコールのレディルックをご紹介します!

誰もがキャリアウーマンになれる!ボウタイシャツ×レースアップシューズ!


「オーストラリア」
運命的な出会いをするアボリジニの少年“ナラ”との2ショット。ニコールは、ブルーのボウタイシャツと同系色のタイトスカートをコーディネート。(C) 2008 TWENTIETH CENTURY FOX

レディなキャリアスタイルを目指す方は、こちらのニコールスタイルを参考に。ターコイズブルーのボウタイシャツとペンシル型タイトスカートとのコーディネート。チョコレートブラウンのベルトでウェストを引き締めれば完璧です。このスタイルに合わせられたのは、メッシュ素材を使ったレースアップシューズ。瞬時に、小粋レトロなキャリアウーマンスタイルが作れます。デイリーキャリアスタイルの参考にして。

「フェラガモ」シューズ
ジャケット&スーツには、キリリ!と引き締めるハンサムレディなレースアップシューズがお役立ち!

ニコールは、ツイード素材のタイトスカートにコーディネートしていますが、パンツスタイルとも相性の良いシューズです。ウィングチップ部分とヒールには、3色でパッチワーク・モチーフが表現された美しいデザイン。メッシュ素材を用いたレースアップシューズは、このほかにもいくつか劇中に登場しますので、要チェック!普段のジャケット&スーツスタイルにピッタリ合います。お洒落なキャリアウーマンにイチオシですよ。

次は、大活躍のジョッキーブーツスタイルに迫ります。

誰もがアクティブになれる!レディなジョッキーブーツ!


オーストラリア
乗馬シーンもカッコいいニコール・キッドマン。(C) 2008 TWENTIETH CENTURY FOX

いまや乗馬目的だけではなく、ファッションブーツとして定番になったジョッキーブーツ。アクティブになりたいときや力が欲しいときに、パワーをくれます。ニコールが着用しているのは、もちろん、フェラガモのブーツ。パンツIN&デニムINでもカッコいいですが、ふんわり広がるスカートとコーディネートしても可愛いですよ。

オフェラガモブーツ
3つのベルトとシューレースが施され、引き締まった印象のフェラガモブーツ。

『オーストラリア』では、乗馬シーンが多いので、このブーツはスクリーンに何度か登場します。3つのサイドベルトとシューレースがポイントのカーフ製ブーツ。こういったデザインのブーツをはくと、スタイル全体が凛として引き締まりますよ。

「サルヴァトーレ フェラガモ」は、1910年代以来、ハリウッド映画に関わり続け、これまでに50本を超える作品と制作協力をおこなってきました。近年ではマドンナ主演の『エビータ』(ちなみにマドンナが演じた大統領夫人エバ・ペロンもフェラガモの顧客でした!)や、150メートルもの銀の糸を用いたシンデレラの靴が登場するドリュー・バリモア主演の『エバー・アフター』があり、その他にも『トラフィック』や『M:i:3』など、幅広いジャンルの映画とコラボレーションしています。「フェラガモ」は、まさに、セレブのためのシューズ!みなさんも、ぜひ、手にしてくださいね!

※記事の更新やセレブファッション情報満載のコラムをガイドメールマガジンにてお知らせします。登録はこちらから。

【取材協力】
フェラガモ・ジャパン
東京都中央区銀座7-8-2
TEL:0120-202-170
http://www.ferragamo.com/


20世紀フォックス映画
■『オーストラリア』

2009年2月28日(土)より、TOHOシネマズ日比谷スカラ座、TOHOシネマズ梅田ほか、全国にてロードショー
http://www.oz-movie.jp
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。