学生の就職フェアのような転職フェアも

周囲のサポートを上手に活用し、仕事と子育てを両立しましょう
ワーキングマザーにも、新卒の学生が就職活動をするときのようなフェアがあればいいのにとお考えの方に朗報です。2007年11月10日(土)10:00~ 中央区立産業会館にて、「子育てママのお仕事復帰&転職フェア」が開催されます。
イベントの主催は、子育てママのためのおしごとサイト「ママジョブ」。子育てと仕事を両立できるヒントや実際の求人情報、また子育て支援情報が沢山詰まったサイトです。

このサイトを運営するのは、子育て支援情報誌を創刊したり、親子のイベントに参加したりという経験を積んで、現場のワーキングマザーの声を沢山聞いてこられた斎藤あや子さん。「子育てと仕事の両立」によって、子育てのための精神的な余裕が生まれたり、経済的な余裕につながったり、イキイキと活躍する方が増えることを目指して活動されています。

今回のフェアでは、ワーキングマザーを採用したい有名企業15社が出展されるということ。子育てママのライフスタイルや育児経験を生かせる仕事を探している方には、いいチャンスです。ぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

インターネットを使った職場復帰支援プログラム

復職後の職場環境が約束されていて、不安は無いという方もいれば、元の職場とはいえスムーズに復職できるか不安という方もいらっしゃるでしょう。育児休業者はもちろん、病気などで休職している方を支援してスムーズな職場復帰を促す、インターネットをつかった職場復帰支援プログラムというものもあります。

これは株式会社ワーク・ライフバランスが開発・販売しているプログラム「armo(アルモ)」で、育児休業中の女性社員・男性社員が必要な育児情報や職場復帰のためのスキルをインターネットで自宅に居ながら習得できるというものです。

育児休業開始前から職場に完全復帰するまでの間、子供の成長と育児者の心情の変化に合わせた育児情報や、スムーズな復帰に向けてのノウハウ、そしてビジネススキル向上のためのITや英会話、財務関連講座などが提供されているとのこと。

「出産予定日」と「職場復帰日」を入力するだけで、育児および職場復帰に関するスケジュールが算出され、その経過にあわせた情報を得ることができるそうです。また、ブログなどの設置によって、職場復帰した先輩社員の復帰までの軌跡を育児休業者が閲覧することができ、職場復帰への意欲を高める工夫もされています。

このプログラムは企業が導入して、育児休業者へ提供するものですが、政府が支給する「育児休業者職場復帰プログラム実施奨励金」を円滑に受けるためのサポートや、長期的なキャリアプランを描くためのセミナーなどの開催、企業内託児所設置のためのコンサルティングプログラムなども含まれているとのことです。女性社員の戦力を活かしたい企業にとってはメリットの大きいものではないでしょうか。

>>働くママのためのハローワーク、マザーズハローワークもあります>>