「ネフローゼ」とは、尿にたんぱくが流れ出し、血液中のたんぱく質の量が減る状態のことです。原因不明の突発性ネフローゼ症候群と、糖尿病性腎症など原因がはっきりしているものに分けられます。ネフローゼは病名ではなく、一時的な状態のため「ネフローゼ症候群」と呼ばれます。具体的な症状は、むくみや高血圧、高脂肪症などがあります。糖尿病性腎症を原因とするネフローゼ症候群は、妊娠高血圧症の妊婦が併発することも多く、ネフローゼと診断された場合は、原則入院して安静にします。治療は、むくみや高血圧を防ぐための塩分制限をした食事療法を徹底させます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。