一般に妊娠すると血糖値が上がりやすくなりますが、妊娠を期に発症する糖尿病を「妊娠糖尿病」といいます。大部分は症状も軽く、食事療法で治ることがあります。ただ糖尿病型の場合、母体や赤ちゃんに影響が出るため、適切な治療を受けることが必要です。お産への影響としては、妊娠中毒症、羊水過多、感染症などを合併しやすくなるおそれがあります。また赤ちゃんが大きくなりすぎる心配があり、巨大児といって推定体重が4000gを超えると難産になりがちです。食事療法や運動療法など、厳重な管理のもと、血糖値が上がりすぎないよう指導を受けます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。