「妊娠高血圧症症候群」とは、妊娠8ヶ月以降の後期に見られる高血圧と尿蛋白のうち、1つもしくは2つ以上の症状が見られる症状のことです。以前は妊娠中毒症と呼ばれていましたが、産婦人科学会によってこの名前に改められました。約1割程度の妊婦さんに発症します。原因は子宮動脈が収縮し、それによる高圧物質が母体に分泌されるため生じると考えられています。なりやすいのは、糖尿病、高血圧、太り過ぎ、ハードな仕事をしていたり、睡眠不足の傾向がある人です。また高年初産や若年初産、多胎妊娠の人なども。重度の場合、分娩時に母子ともに危険を伴う場合があり、帝王切開になることがあります。治療は安静にすることと、塩分や油分を控える食事療法を行うことが中心です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。