「脱肛」とは、肛門の一部が出てきてしまった状態のこと。妊婦さんによっては、おなかが大きくなる妊娠後期に、便秘がちになって、排便時の力みで患ってしまうことがあります。しかし多くの場合は、お産によるいきみや胎児の頭の圧迫などが原因となって起こります。お産が原因の場合は、出ている部分をまめにしまうようにすることで、時間がたてば治ることが多いようです。しばらく治らない場合は、そのまま痔になることがあります。ただし出産を機にわずらった脱肛の場合、あまり痛みを伴わないことが多いようです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。