赤ちゃんのへその緒とつながっている胎盤は、ふつう子宮壁についています。しかし、この胎盤が子宮口をふさいでいる場合があり、これを「前置胎盤」といいます。前置胎盤は胎盤の位置によって3つに分けられ、子宮口を完全にふさぐ形を「全前置胎盤」、一部をふさいでいる状態を「部分前置胎盤」、胎盤の下のふちが少し子宮口にかかっている状態を「辺縁前置胎盤」といいます。原因は子宮が原因の場合と、受精卵の発育不全や卵管異常が原因の場合があります。全前置胎盤では出血、早産、前期破水を予防するために入院治療を受けます。胎盤を完全にふさぐ形になっているため、帝王切開による処置を行います。部分的にふさいでいる場合は、経膣分娩が可能なこともあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。