「性感染症」とは、性行為によって感染する病気の総称です。別名STD=Sexually(性行為)Transmitted(感染)Diseases(病気)とも呼ばれています。代表的な病気は「カンジダ膣炎」、「淋病」、「梅毒」、「クラミジア感染症」、「性器ヘルペス」など。また「エイズ」もこの性感染症に含まれます。妊婦が性感染症にかかっていると、母子感染の可能性が出てくるため、初期の治療が非常に大切になってきます。感染しないためにはまず、コンドームを使用すること、パートナーを特定することが大切です。また妊娠を希望している場合は性感染症にかかっていないかどうか事前に検査をして下さい。万が一感染していたら、完全に治療してからの妊娠を心がけましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。