「切迫早産」とは妊娠22週以降、37週未満に早産する危険性が高いとされる症状のことです。陣痛のように子宮が頻繁に硬くなったり、出血したり、子宮口が開いたり、破水したりして、満期を迎える前に出産となる危険性が高い状態をいいます。原因は多胎妊娠、妊娠中毒症、子宮頸管無力症、子宮筋腫などのほか、過労や激しい運動も一因になるといわれています。34週を過ぎていればほとんど問題ないといわれていますが、妊娠28週にならないうちに生まれてしまうと、体重が少なく、器官の発達も未成熟のため、正期産で生まれた赤ちゃんの成長に追いつくまで時間がかかります。そのため、切迫早産と診断された場合は、即入院をして安静にしながら早産を防ぐ治療を受けます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。