妊娠中、もしくは陣痛中に鍼灸やツボ押しを行うと、赤ちゃんがより楽に生まれてくるといわれています。お産によく使われるのは、「三陰交」と呼ばれるツボです。場所は、足の内くるぶしの一番高いところから指4本分上の位置で、骨の脇のくぼみの部分。子宮など生殖器に深くかかわるツボで、不妊治療や逆子返しにも用いられます。このツボにお灸をすえたり、ツボ押しをすることで、分娩時間が短くなり、出血量が減少する、陣痛の痛みがやわらぐなどの効果が期待されます。インスタントのお灸は、薬局などで扱っています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、自己判断せず必ず医療機関に相談してください。