B型肝炎ウイルス(HBV)の感染によって起こる肝臓の病気を「B型肝炎」と呼び、これにかかると肝臓の細胞が壊れ、肝臓の働きが低下します。このB型肝炎ウイルスのタイプを「B型肝炎抗原」と呼びます。妊婦がB型肝炎にかかっていると、母子感染して胎児にうつる危険性があります。そのため、初期の妊婦健康診査ではB型肝炎抗原とB型肝炎抗体があるかどうかを調べる検査を行い、これを「HBs抗原検査」といいます。B型肝炎抗原には、「HBs抗原」・「HBc抗原」・「HBe抗原」の3種類があり、それぞれに対する抗体も3種類あります。検査方法は血液採取によるもので、陽性反応が出た場合、さらに「HBe抗原検査」を行います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。