揚げずに簡単! オーブン焼きコロッケ

カテゴリー:メインのおかずコロッケ

 

揚げずに簡単! オーブン焼きコロッケ

サクサク揚げたてのコロッケは人気総菜、家庭の定番おかずです。ただ、食べたいと作りたいが、反比例な日もありますよね。そんな揚げものをするのが面倒に感じる日もオーブン焼きコロッケだったら、油の処理がいらず、キッチンも汚れません。また、揚げコロッケにありがちなパンク知らずで、絶対失敗がありません。
もちろん、今回紹介のタネは丸めて、小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて揚げれば、いつものコロッケになります。楽をしたい日とちゃんと作りたい日のおうちコロッケ、是非レパートリーに加えてみてくださいね。

【関連記事】
スチームオーブンおすすめ人気ランキング10選|時短でヘルシー料理を作るなら

オーブン焼きコロッケの材料(2~3人分

オーブン焼きコロッケの材料
合いびき肉 120g
じゃがいも 3個(小~中) ※大の場合、2個
たまねぎ 1/4個
小さじ1/4+小さじ1/4
こしょう 少々
生クリーム 大さじ2 ※牛乳でも
小さじ1+大さじ1/2
パン粉 大さじ3~
粉チーズ 大さじ1/2~
パセリ 少々 ※みじん切り、お好みで
ソース 適量

オーブン焼きコロッケの作り方・手順

オーブン焼きコロッケの作り方

1:たまねぎをみじん切りにする

たまねぎをみじん切りにする
洗ったじゃがいもは1個ずつラップで包み、約9分、レンジ加熱します。
じゃがいもを加熱している間に、たまねぎをみじん切りにします。

じゃがいも(小~中)1個のレンジ加熱時間、3分~3分30秒

2:油でひき肉、たまねぎを炒める

油でひき肉、たまねぎを炒める
フライパンに油小さじ1を入れ、中火でひき肉、たまねぎを炒めます。
塩小さじ1/4、こしょう少々をふります。
バターで炒めても美味!

3:ラップの上からじゃがいもをつぶし、皮をむく

ラップの上からじゃがいもをつぶし、皮をむく
レンジ加熱したじゃがいもは熱いうちに、ラップの上からコップの底などで叩き、つぶします。ラップを開いて、皮をむきます。
かなり熱いので、火傷に注意です! キッチンペーパーを使い、皮をむけば、熱さがやわらぎます

4:フライパンにじゃがいもを加え、つぶす。

フライパンにじゃがいもを加え、つぶす。
火を止めた状態のフライパンに、じゃがいもを加え、つぶしながら、混ぜます。生クリーム、塩小さじ1/4を加え、なじむよう混ぜます。
使用のじゃがいものサイズにより、塩の量は調整してください

5:耐熱皿にタネを入れ、パン粉、油、粉チーズを混ぜたものをふる。

耐熱皿にタネを入れ、パン粉、油、粉チーズを混ぜたものをふる。
耐熱皿にタネを入れ、パン粉、油大さじ1/2、粉チーズを混ぜたものをふりかけます。220~240度のオーブン(もしくはトースター)で、パン粉にこんがり焼き色をつけます。

お好みでパセリのみじん切り、ソースをかけて、アツアツをお召し上がりくださいね。

ガイドのワンポイントアドバイス

大皿で作れば、手軽なおもてなしにぴったりのメニューに。あらかじめタネを作り、耐熱皿に敷きつめておけば、あとはパン粉類をかけて、焼くだけ! 焼きたてアツアツがホームパーティの人気の一品になりますよ。また、アレンジとして、コンビーフやサバ、いわし、ツナなどの缶詰とじゃがいもを和えたタネで、より手軽に作っても。残った肉じゃがをつぶして、オーブン焼きコロッケにしてもいいですね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。