歯の生え変わりの時期に、子供の抜けた乳歯をそのまま捨ててしまうのは気が引けるものです。一生に一度しか生えない乳歯を大事にとっておくために、乳歯を入れて保管しておくケースのことを「ティースケース」と呼びます。かわいらしいデザインの専用ティースケースもありますが、要は小物入れならば何でも代用可能。長く保管できて記念に残せるお気に入りのティースケースを見つけておくとよいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。