ヨーロッパでは古くから、「銀のスプーン」をくわえて生まれてきた赤ちゃんは、将来幸せになれるという言い伝えがあります。そのため、知人や親戚に赤ちゃんが誕生すると、銀のスプーンをプレゼントするという習慣が根付いているといいます。この風習は、日本にも、少しずつ広まってきており、食い初めのときに純銀のスプーンで食べさせると、生涯食べ物に困らず、幸せになるとして、赤ちゃんの誕生ギフトとして人気のアイテムとして定着してきています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。