子供の健やかな成長を祈って、初めて神社にお参りすることを「初宮参り」といいますが、この初宮参りは地域の風習によって、生後約30日前後に参拝する「お宮参り」か、生後百日前後に参拝する「百日参り」のどちらかにあわせて行うことが一般的なようです。百日参りでは、百日間無事に成長できたこと、そしてこれからも健康で長生きでいるようお祈りし、この日にあわせて、お食い初めの儀式を行うこともあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。