FXの口座開設はオンラインでできる

PCとインターネットがあれば簡単にできるFXの口座開設

PCとインターネットがあれば簡単にできるFXの口座開設

FX取引会社を選んだら、まず、口座を開設します。
FX取引会社のサイト内に、「口座開設フォーム」のページがあり、そこから手続きをすることができます。大抵、トップページに「口座開設」アイコンがあるので、それをクリックして手続きを踏みます。オンラインなら、口座開設の申し込みから入金、取引開始まで、約1週間でできるのが一般的です。

口座開設の一般的な流れは下記の通り。

1.申込書入力&送信
FX取引会社のサイト内にある口座開設の画面で、取引約款や規定、リスク内容を確認し、それに同意の上、氏名・住所・連絡先や銀行口座などを入力して送信する。

2.必要書類の送付
取引会社から、口座開設申し込みの受付メールが届いたら、本人確認書類のコピーをメールやFAXなどで送る。
本人確認書類…運転免許証、健康保険証、パスポートなど 

3.審査を経て口座開設
本人確認の審査後、口座開設完了のメールが届く。後日、口座番号やユーザーID、パシワードなど必要書類が郵送で届く。

4.入金すれば取引可能に
取引会社の指定口座に資金を入金する。入金が確認されると取引画面に資金額が反映され、取引が可能になる。

FXの口座開設は郵送でもできる

オンラインだけでなく、郵送でも、下記の通り申し込みができます。

1.資料請求&口座申し込み
★ホームページにある「資料請求フォーム」に必要事項を入力して送信
もしくは
★ホームページにある「口座申込書」(PDF)をダウンロード&プリントアウトし、それに必要事項を記入して郵送。

2.口座開設申込書の送付
FX取引会社の取引についての解説書や口座開設申込書が郵送されてくるので、必要事項を記入して、本人確認書類と合わせて返送する。

以下は、オンラインでの申し込み方法の3→4と同じ流れとなる。