子供が満1歳を迎えたことを祝って、1歳の誕生日に背負わせる一升の重さの紅白餅のことで、別名「一升餅」とも呼びます。儀式は子供に風呂敷で包んで背負わせて、尻餅をつかせて行います。一升餅には背負いきれないほどの食べ物という意味があり、一生(一升)食べるのに困らない、一生健康でいられるように、一生丸く(お餅の形)円満な人生を送れるようになどの願いが込められています。背負い餅と呼ぶ地域もあるようです。とはいえ一升は1歳の子にはかなりの重さ。背負わせるときには十分注意を払いましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。