赤ちゃんや子供の好奇心を刺激し、発育によい影響を与えてくれるのが様々な「おもちゃ」です。生後4ヶ月ぐらいになると、自分で周囲のものの感触や音を確かめたくなるため、指でぎゅっと握れるもの、音がするおもちゃを与えると喜びます。おもちゃを選ぶときは、その安全性に十分注意して。赤ちゃんが口に入れて飲み込んでしまわないよう、最低直径4cm以上の大きさがあるもの、縁が鋭くとがっていないものの方がよいでしょう。また、子供の年齢に応じたおもちゃを使用するように心がけ、簡単に壊れてしまうプラスチック製のものなどは破片が刺さるなど危険があるので避けます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。