これまで、出産すると母親の頭は「マミーブレイン」といわれる独特の状態で、ぼーっとすることが多くなったり、働きが鈍ると一般には言われてきました。しかし本当は、妊娠・出産・育児の体験が、母親の脳に大きなメリットをもたらしてくれることが、最近の研究で分かってきました。ピュリツァー賞ジャーナリスト、キャサリン・エリソンの著書『なぜ女は出産すると賢くなるのか』によると、「ホルモンや脳内物質が目覚しい活躍をし、子育てという新しい経験と学習が刺激になって、これまでにない集中力や作業能力を発揮できるようになる」とのこと。そう思うと、育児をしながら家事をこなしたり、社会復帰したママが効率よく仕事をこなすようになったという話を聞くことは少なくありません。それぞれのママが実体験からも頷けるちょっと頼もしい話です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。