「オキシトシン」は、赤ちゃんを産んだ母親の脳下垂体から出されるホルモンの一つ。母乳の分泌を促すホルモン、プロラクチンとともに、赤ちゃんに乳首を吸われることで分泌が盛んになります。オキシトシンには母乳を押し出す働きがあるほか、子宮の筋肉を収縮させる作用もあり、出産後の子宮の戻りを促すという大切な役割を担っています。赤ちゃんの泣き声を聞くといった聴覚刺激、外出先で赤ちゃんを見かけるといった視覚的刺激によっても分泌される反面、不安やストレスを抱えることでホルモン分泌が抑えられるとも考えられています。

【編集部より無料オンライン講座のお知らせ】
参加者には抽選で参考書籍をプレゼント!
"意欲"と"逆境を乗り越える力"を育む!「比べない子育て講座」


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。