「抗ウイルス薬」とはウイルス感染症に用いる治療薬の総称です。各病気によって原因となるウイルスが異なるため、それぞれのウイルスに有効な抗ウイルス薬を処方します。一般ヘルペスウイルス治療薬、サイトメガロウイルス治療薬、インフルエンザウイルス治療薬、HIV治療薬などが、抗ウイルス薬に属します。またウイルス感染症は数多くありますが、抗ウイルス薬がないものも多いのが実体です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。