湿ったおむつでふやけた赤ちゃんの皮膚はこすれて傷つきやすいもの。そこに、おしっこの中のアンモニアや、うんちの中の酵素が刺激を与えて、炎症を起こした状態が「おむつかぶれ」です。症状としては、おむつの当たる部分や肛門周辺が赤くはれたり、ブツブツと赤い湿疹が出たりします。ひどくなると、ただれて水ぶくれができることも。軽いおむつかぶれの場合、まずは通気性をよくするためにおむつ交換をまめに行うことが大切。ぬるま湯でおしりを洗って、しっかり乾燥させてからおむつをつけるようにしましょう。パンツタイプの紙おむつはむれやすいのでできれば避けます。赤みや湿疹が広がっている場合は皮膚科を受診しましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。