「パラシュート反射」は、赤ちゃんが生後9~10ヶ月を過ぎた頃になって現れる反射のひとつです。具体的には、身体が前方向に倒れそうになったとき、両手を伸ばして手を開き、身体を支えようとする動作のことです。もし、転んだとき手が前に出なかったら、そのまま頭を打ってしまいますよね。この反射は人が生きていく上で非常に大切な反射で、生後9ヶ月過ぎに現れたあとは一生続きます。また、子供が一人立ちやひとり歩きを始める前の、身体の準備ができているというサインでもあります。

はいはい・つかまり立ち期の赤ちゃんの成長
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。