サーモンポテトのクリームムニエル

所要時間:20分

カテゴリー:メインのおかずムニエル

 

クリーム煮のようなムニエル

鮭が美味しく、お手頃な季節です。今回は、サーモンムニエルのクリームソース仕立て、クリーム煮のようなムニエルです。ソースを作りながら蒸し煮にすれば、身もふっくら。また、鮭にまとわせた小麦粉がソースのとろみにもなります。時間がない日は一石二鳥な調理で乗り切りましょう!

牛乳を多めで作れば、ミルクスープ風にも味わえます。また、加える野菜はお好みで、きのこやカブ、キャベツなど残り野菜でOKですよ。

クリームムニエルの材料(2人分

クリームムニエルの材料
2切れ
じゃがいも 中2個
牛乳 200cc
コンソメ 1キューブ(5g)
薄力粉 大さじ1
小さじ1/4
こしょう 少々
バター 小さじ1(4g)
小さじ1
※出来上がり写真では、彩りに茹でたアスパラをそえ、ブラックペッパー、ピンクペッパーをふりかけています。

クリームムニエルの作り方・手順

クリームムニエルの作り方

1:

じゃがいもはよく洗い、ひとつずつラップで包みます。電子レンジ庫内に対角に並べ、約6分加熱します。あら熱がとれたら、ラップを外し、1.5センチ幅の輪切りにします。
じゃがいも中サイズ1個の加熱時間の目安は約3分です。 レンジ加熱したじゃがいもはかなり熱くなります。やけどにご注意ください。 加熱により火が通るので、皮の有無、切り方やサイズはお好みでどうぞ。

2:

鮭の切り身を三等分にカットします。
両面に塩、胡椒をふり、茶漉しで小麦粉をふりかけます。

3:

フライパンに、油、バターを入れ、中火にかけます。
鮭を加え、片面2分弱を目安に、うっすら焼き色がつくまで、両面をソテーします。
油分が気になる方は、余分な油をキッチンペーパーで吸いとってください。

4:

じゃがいも、牛乳、コンソメを加え、火加減を中火~弱火におとします。
ふたをして、約3、4分蒸し煮にします。
水分が半分以下になり、とろみがついたら、火を止めます。
時間は目安です。火加減が強いとふいてしまいます。ご注意ください。もしソースがムラになったら、少量の牛乳を加えてのばし、濃度を調整してください。

5:

鮭、じゃがいもを盛りつけ、ソースをかけます。お好みで、ブラックペッパー、ピンクペッパーをふりかけてどうぞ。
彩りに茹でたアスパラをそえています。

ガイドのワンポイントアドバイス

鮭にまとわせた小麦粉(薄力粉)がソースのとろみになります。牛乳を多めで作れば、ミルクスープ風にもいただけます。加える野菜はお好みでどうぞ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。