「大泉門」とは生まれたばかりの赤ちゃんの頭の真上にある空間=泉門のこと。頭蓋骨は実は6個の平べったい骨が合わさっているため、生まれたばかりの赤ちゃんは骨と骨が結合する隙間が、まだ埋まっていません。その空間が泉門と呼ばれるものです。大泉門にも赤ちゃんが産道を通って出てこようとするとき、頭部を柔軟にしてくれるという大切な役割があります。生まれるとき新生児には6つの泉門がありますが、この頭の真上にある大泉門は皮膚の上から触れてはっきりわかるほどのもの。たいていの場合、2歳半を過ぎた頃に閉じます。

新生児育児
ねんね期の赤ちゃんの成長
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。