生まれたばかりの赤ちゃんはまだ首の力が弱く、自力で頭を持ち上げることができません。そのため、生後数ヶ月の赤ちゃんを抱き上げるときは、頭もいっしょにそっと持ち上げるようにします。生後2ヶ月を過ぎると徐々に自分の力で首が持ち上げられるようになります。こうして赤ちゃん自身が自由に頭を動かせるようになる状態を、「首すわり」といいます。4~5ヶ月になると、首すわりが完成して、今度は自分から手を伸ばして外の世界に関わっていこうとします。首がすわったかどうかの判断は、(1)腹ばいにしたとき頭を持ち上げる(2)仰向けにして両手を持って引き起こすと首がついてくる(3)立て抱きにして身体を傾けたとき首をまっすぐに保つことができる、といったことが目安になります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。